サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 秋のカフェラテ事件【クレオ・コイル】 | トップページ | 忘れられない一夜「身代わりデート」「令嬢とプレイボーイ」 »

クリスマス・ブライド【デイ・ラクレア】

クリスマス・ブライド (ハーレクイン・イマージュ―シンデレラの舞踏会 (I1396))
クリスマス・ブライド (ハーレクイン・イマージュ―シンデレラの舞踏会 (I1396))デイ・ラクレア

ハーレクイン 2000-12
売り上げランキング : 843781


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Long-lost Bride (Enchanted)

デイ・ラクレア  Day Leclaire
吉田洋子 訳
ハーレクイン・イマージュ I-1396
★★★★1/2
座布団:◇◇◇最高に面白い!

シリーズ:「シンデレラの舞踏会 5」 くわしくはこちら。


感想:
「シンデレラの舞踏会」シリーズの一編。

チャズは3歳の娘を引き取るために1週間以内に結婚しなければならなくなった。
そんなとき、「シンデレラの舞踏会」の招待状が送られてきた。
送った相手はわかってる。
レイフだ。
チャズは9年前「シンデレラの舞踏会」でレイフの妹シェインと出会い、愛し合ったがレイフに引き裂かれた。

シンデレラの舞踏会では出会った相手とすぐに結婚することができる。
チャズは招待を受け、そこで仮面をつけた女と即座に結婚の約束をするが、その女がシェインとは気がつかなかった。
シェインの義理の姉エラが寝室にやってきて彼女の名前を呼ぶまで。

9年も離れていたので、チャズはかたくなになってます。
引き裂かれた9年の間毎年1通ずつシェインにあてて書いていた手紙が胸をうちます。

レイフの3歳の娘を迎える準備をしながら、使用人の心をほぐしたり、デイ・ラクレアのヒロインは心優しいですね。

ほのぼのとして切なくて、とてもよかったです。


Long-Lost Bride (Thorndike Large Print Harlequin Series)

« 秋のカフェラテ事件【クレオ・コイル】 | トップページ | 忘れられない一夜「身代わりデート」「令嬢とプレイボーイ」 »

Holiday: クリスマス・ストーリー」カテゴリの記事

デイ・ラクレア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
最近、ともみさんの書評の更新がなかったので別の方のブログを参考に本を買っていたのですが、当たりの時とそうでないときの差があって、「やっぱりともみさん」ということで先週末改めてともみさんのオススメ本で読んでいないものを探してみました。
この「クリスマス・ブライド」、座布団三枚だったので去年買ったのですが、読み始めたらヒーローに3歳の娘がいるってところでどうしても先を読む気がしなくなってそのままになっていたんです。ヒロインが3歳の娘のことで悩むんじゃないかなぁとか買ってに思ったりしてね。去年は辛い話は全パスだったから。でも今年になって辛い話も受け入れられるようになったので思い切って再読してみました(だって座布団三枚ですからと、信じて)。
結論…、すごくよかった!!!!感動ですね!
ともみさんがデイ・ラクレアの他の本は「少女漫画みたい」って書いてたでしょ?その言葉を信じて良かったですよ!!だから「シンデレラの舞踏会」の1と2も注文しました。いまから読むのが楽しみですよ。

★★★渚さんへ★★★

こんばんはです。

>最近、ともみさんの書評の更新がなかったので
う。
ブログ書けないスランプが長く続いてます。
申し訳ないです。。。

>「やっぱりともみさん」ということで
わわ。書けなくなってるのにそういっていただけるなんて。

>その言葉を信じて良かったですよ!!
ああ。泣いていいですか(おい)
すごくうれしいです。
いつもありがとうございます!

3才の娘のことは悩まずにそのまま受け入れちゃうヒロインでしたね。
どろどろしたところはあまりなくてパステル色のお菓子のような作品ですね。
こういう作風って貴重なので、私は好きです。
(近年の作品はちょっとぴんとこないものがあったんですが。。。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のカフェラテ事件【クレオ・コイル】 | トップページ | 忘れられない一夜「身代わりデート」「令嬢とプレイボーイ」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇