サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« エマの秘密に恋したら…【ソフィー・キンセラ】 | トップページ | チックリットって?  »

ボスには言えない【キャロル・グレイス】



Pregnant by the Boss! (Romance S.)

キャロル・グレイス作 Carol Grace
緒川さら訳

2003年。
2004年。シルエット・ロマンス L-1092
2008年。ハーレクイン・リクエスト HR-178
★★★☆☆


ジョー・キャラウェイ(実業家)&クラウディア(秘書)


備考: オフィス

ストーリー:
1ヶ月以上もの長期出張から帰ってきたジョーは会社に秘書のクラウディアがいないのを知って呆然とした。
ジョーがいない間にやめてしまったのだという。
クラウディアがいないと何もできないジョーは彼女を探し出すがクラウディアは代理が決まるまでの間二週間だけという約束でしぶしぶ復帰してくれただけ。

クラウディアの妊娠に気がついたジョーは結婚を申し込むが・・・

感想:
ボスに妊娠させられちゃった! という刺激的な題名。
「ボスに孕まされて」・・・うーん。

クリスマス・パーティーの晩に社長室に鍵をかけて一度だけ愛し合ったのですが、翌朝ジョーは何事もなかったように振舞ったため、クラウディアは妊娠がわかって仕事をやめたのでした。
あちらの秘書はボスのデート相手がかわるたびにお花を贈って、とかレストランの手配とかやらされますよね。
女性に対して興味が続かない人だというのは嫌というほど知ってるのに、そういう人を好きになっちゃうとつらいです。
このボスは秘書がいなくなってはじめて重要さに気がつくというお話でした。
(にぶい。にぶすぎる)

クリスマス・パーティーの夜一線を越えるというのはミランダ・リーとかスーザン・ネーピアであったし、そっちのほうがはじけてておもしろかったなーと思い出しながら読んでました。

特に破綻のないつくりですがせつなくなるところがなく、ツボになるところがなかったのでなんだかすぐ忘れてしまいそうです。

« エマの秘密に恋したら…【ソフィー・キンセラ】 | トップページ | チックリットって?  »

作家名前:カ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エマの秘密に恋したら…【ソフィー・キンセラ】 | トップページ | チックリットって?  »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇