サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« あなただけ見つめて【スーザン・エリザベス・フィリップス】 | トップページ | キス・キス・キスシリーズ【アンソロジー】 »

冬空に舞う堕天使と【リサ・クレイパス】





Devil In Winter (Wallflower Quartet)

リサ・クレイパス著  Lisa Kleypas
古川 奈々子訳
2006
2007年。ライムブックス
★★★★1/2
座布団:◇◇◇最高に面白い!

セントヴィンセント卿セバスチャン&エヴァンジェリン(エヴィー)・ジェナー


備考: 1845年-1846年イングランド。ヴィクトリア朝

シリーズ:「壁の花 3」 くわしくはこちら。

「恋の香りは秋風にのって」が前編、この作品が後編という感じです。


ストーリー:
ある晩、セントヴィンセント卿のもとへ吃音のある赤毛の娘エヴィーが訪れた。
顔見知りだが話したことはなく、女たらしのセントヴィンセントでさえ避けるような地味な娘だ。

エヴィーは親戚から虐待を受けている上に無理やり結婚させられそうになってるという。
彼女は実の父の看病にいくために親戚の家の保護下から抜ける必要があると言ってセントヴィンセントに便宜上の結婚を申し込んだ。

エヴィーはセントヴィンセントがひどい男だと知っていたが、最悪の経済状態から抜け出すために結婚を断らないだろうと見越していた。

感想:
「恋の香りは秋風にのって」の最後のほうから続いてます。
セントヴィンセントがひどい経済状態で切羽詰ってるというのは前作で描かれてるのでエヴィーはそれを知ってるわけです。
スコットランドのグレトナグリーンは駆け落ち結婚のメッカ(?)なので英国ものヒストリカルにはよく出てきますね。

前作読んでると心配なヒーローですが、だんだん真人間になっていきます。
シリーズものなのに尻上がりにおもしろくなっていってます。

リリアン・・・何も見なくても・・・

指輪に刻まれた文字が二人にとっての真実になっていくところが素敵でした。
こういうのを読むとロマンス小説って最高、とか思ってしまいます。
クレイパスは本当におもしろいなあ。

キャム・ローハンはデイジーがヒロインの「春・・・」じゃなくて "MINE TILL MIDNIGHT"でヒーローになってます。
こちらも早く読みたいです。


Devil In Winter (Wallflower Quartet)   Devil in Winter (Thorndike Press Large Print Core Series)

« あなただけ見つめて【スーザン・エリザベス・フィリップス】 | トップページ | キス・キス・キスシリーズ【アンソロジー】 »

リサ・クレイパス」カテゴリの記事

文庫(ヒストリカル)」カテゴリの記事

コメント

え?キャム・ローハンってデイジーとは結ばれないの?   きのう、「冬空に舞う…」を読み終えました。「恋の香りは…」も同時に買って読みましたけど、先にちょこっと「冬空」のほうをちら読みしたら「冬空」が気になっちゃって「恋の香り」のほうはすごく飛ばして読んじゃいました。また後でじっくり読みたいと思いますが、「冬空」は本当に面白かったです。さすが、座布団三枚ですね。ヒーローのセバスチャンはかなりのハンサムだと書いてありましたけど、言葉使いが結構乱暴でついデレクを思い出して、ハンサムをイメージできませんでした。どんな俳優さんをイメージしたらいいかしらね。でも、すごく面白かったです。ありがとう。ちなみに同時に新作の「愛のカーテンコール」も買って読みました。面白かったです。しばらくリサ・クレイパスに凝ってみようかとおもいます。

>渚さんへ
デイジーがヒロインの作品は「春の雨にぬれても」でキャムがヒーローの作品は「夜色の愛につつまれて」ですよ。
よかったらシリーズ一覧をご覧ください。別シリーズでも年代順になってて共通したキャラが出てきたりするので参考になれば幸いです。
http://iyan-books.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_ce1d.html
リサ・クレイパスはおもしろいですよね。私もまだ未読が残ってるので早く読みたいです。

とりあえずクレイパスのヒストリカルは大体読みました。とても面白かったです。でもちょっと飛ばしながら読んだ本もあるので後々読み返したいとおもいます。で、次なる本を求めて適当にアマゾンのレビューなどを見ながら本を注文しました。そうしたらその中に「冬空」の表紙とまったく同じモデルの写真を反転させて使っているものがありました。出版社は違うのに。そんなことがあるんですね。

渚さんへ

お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
出版社は違っても表紙の写真が同じというのはよくあるみたいですよ。
素材写真を買ってくるところが同じようなので。
ここでは出てないですが反転させただけとかそういうのもあります。↓
http://iyan-books.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_72e6.html
かぶらないように「気をつけてる」と書いてあった出版社ブログもありました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あなただけ見つめて【スーザン・エリザベス・フィリップス】 | トップページ | キス・キス・キスシリーズ【アンソロジー】 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇