サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 早すぎた結婚【ルーシー・ゴードン】 | トップページ | 冬空に舞う堕天使と【リサ・クレイパス】 »

あなただけ見つめて【スーザン・エリザベス・フィリップス】




It Had to Be You

スーザン・エリザベス・フィリップス著 Susan Elizabeth Phillips
宮崎 槇訳
1994
2007年  二見文庫
★★★★1/2
座布団:◇◇◇最高に面白い!


ダン・ケイルボー(シカゴ・スターズのヘッドコーチ)&フィービー・ソマヴィル(シカゴ・スターズのオーナー)

備考: 上司と部下
1995年RITA賞:RWA's Favorite Book

関連作: 「シカゴ・スターズ 1」  詳しくはこちら。

ストーリー:
画家のモデルとして名をはせたフィービー・ソマヴィルは父の葬儀に出たが、そこで自分に遺産が残されてると知り仰天した。
生前の父はフィービーを遺言から外したと公言していたからだ。
父の遺産はアメフトのチーム「シカゴ・スターズ」。
フィービーはアメフトのことなんて何も知らないし、むしろ嫌いなくらいなのに。

関わりたくないフィービーはNYに帰るが、コーチのダンはオーナーの署名が必要だと彼女をシカゴまでひっぱってくる。
嫌々ながら新米オーナーとしてすごしていくうちに次第に自分のやるべきことを見出していくが・・・・


感想:
上司と部下の男女逆ヴァージョン。

ヒーローと元妻の倒錯がかった関係、ヒロインの悲しい過去と年の離れた妹との関係が描かれる序盤はちょっとしんどかったです。

このヒロインは胸の谷間を強調した挑発的な服とおばかに見える行動で本当の自分を隠しています。
それがヒーローに「対象外」の女に見られる原因になってます。

イッキ読みできちゃうノリのよさで、グイグイひきこまれました。
キャラクターも生き生きしてます。
後半のサスペンス部分はどきどきで「いい物語読ませてもらった!」感じです。

ヒロインの15歳の妹モリーは「湖に映る影」のヒロインになってます。
でも訳されたのは「湖に映る影」のほうが先。
「シカゴ・スターズ」シリーズは訳された順番もバラバラなら、出版社も2箇所から出てます。
海外版の表紙は胸の谷間とプードル。そのとおり!

ちょっと気になったのは、最後でチームにインタヴューしてたのはO.J.シンプソン。
そう、あの殺人事件の! 彼が事件をおこしたのはこの本が出たのと同じ年です。


It Had to Be You   It Had to Be You

« 早すぎた結婚【ルーシー・ゴードン】 | トップページ | 冬空に舞う堕天使と【リサ・クレイパス】 »

スーザン・エリザベス・フィリップス」カテゴリの記事

文庫(コンテンポラリー)」カテゴリの記事

コメント

この本はまだ読んでないですが、フィービーの妹(モリー)の話は読みました。あと、モリーの友達のアナベルの話も読みました。どちらも悪人が出てこなくて尚且つお話の展開が面白いのですんなり読めました。

この、フィービーのお話、AMAZONのレヴューとかでも序盤の辛い話が紹介されていたのでなんとなく読む気になれないでいます。シリーズの他の作品の中のフィービーとダンは本当に幸せそうだから、もうそれでいいやって感じになっています。
これ、読まなくても問題ないですよね?

★★★渚さんへ★★★

人によって「これだけはだめ」という設定は違うから読む気になれないのでしたら無理に読む必要はないと思いますよ。
翻訳されたのもかなり後になってからでしたし「読まなくちゃ後の話がわからない」というものではないですし。

でも序盤のつらい設定も後で生きてきますし、カタルシスもあるのでかなりおもしろい小説だと思ってます。
私としては「読まないのはもったいない」と思ってします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早すぎた結婚【ルーシー・ゴードン】 | トップページ | 冬空に舞う堕天使と【リサ・クレイパス】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇