サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« ロレッタ・チェイス:シリーズ一覧 | トップページ | 禁じられた愛【アン・メイザー】 »

灼熱の風に抱かれて【ロレッタ・チェイス】




Mr. Impossible (Berkley Sensation)


ロレッタ・チェイス  Loretta Chase
上野 元美訳
2005
2007年。二見文庫
★☆☆☆☆ (ストーリーはそんなに悪くないと思うけど文章が合わない。ごめんなさい)


ルパート・カーシントン(ハーゲイト伯爵の四男)&ダフネ・ペンブルック(未亡人)

備考: 1821年。エジプト

スピンオフ: ハーゲイト伯爵の息子たちのお話は本作が2作目。兄と弟たちのお話あり(未訳)。くわしくはこちら


ストーリー:
1821年カイロ。
行方不明になった兄を探している英国の未亡人ダフネは自国の領事館に相談するが人手不足だと断られる。
ただひとり手伝ってくれそうなのはハーゲイト伯爵の四男ルパートだけだという。
彼は父さえも見放した放蕩者で、現在喧嘩で投獄されているという。
背に腹は変えられないと釈放代を払って捜索の手伝いを依頼するが、兄はヒエログリフの研究者だと間違われて誘拐されたことがわかる。
研究者だったのは実はダフネで、兄は名前を貸してただけだったのに。


感想:
裏表紙のストーリーだけみるとおもしろそうですが、とにかく相性が合わなくて数ページ読むごとに眠くなってしまうのでやたら日数がかかりました。
後半部分から投げ出そうと思わなくなったけど眠くなるのは同じで。
読みながら「原文はこうなんだろうな」と英作文してしまうんですよ。

AARの人気投票上位作品というのは自分的にはいままでハズレがなかったので、なぜ?という感じでした。
ロレッタ・チェイスという作家自体が合わないのか、この作品だけが合わないのか、翻訳との相性がよくなかったのか判断つかなかったので、別の翻訳家さんで別の作品を読んでみたいです。


Mr. Impossible (Berkley Sensation) Mr Impossible (Carsington Quartet 2)


« ロレッタ・チェイス:シリーズ一覧 | トップページ | 禁じられた愛【アン・メイザー】 »

文庫(ヒストリカル)」カテゴリの記事

作家名前:ラ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロレッタ・チェイス:シリーズ一覧 | トップページ | 禁じられた愛【アン・メイザー】 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇