サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 10月発売の目玉 | トップページ | スペインから来たドクター【キャロル・マリネッリ】 »

あなたを夢みて【リサ・クレイパス】




Dreaming of You


リサ・クレイパス Lisa Kleypas
古川 奈々子訳

1994年(原書)
2008年 ライムブックス
★★★★1/2
座布団:◇◇◇最高に面白い!

Hero: デレク・クレーヴン / 賭博クラブ「クレーヴンズ」のオーナー
Heroine: サラ・フィールディング / 小説家

備考: 1825年くらい? 

関連作: 「あなたのすべてを抱きしめて」の5年後くらいのお話。一覧はこちら

ストーリー:
ならず者に襲われたデレク・クレーヴンを救ったおかげで、高級賭博倶楽部「クレーヴンズ」の取材ができることになった小説家のサラ。
サラは「小説の参考にするため」デレクにキスしてほしいと願うが、彼は相手にしない。
サラは仮面舞踏会にこっそり忍び込んで彼のキスを狙うことにする。
(裏表紙と違うことを書こうとしたらこうなった)

感想:
クレイパス初期の傑作。

「賭博クラブの中をあんなふうに歩く男は彼(セバスチャン)の他には、たったひとりしか知らない。魅力的な肉食獣が自分の狩場を歩くようにな」

「冬空に舞う堕天使と」である貴族によって「魅力的な肉食獣」と語られたデレク・クレーヴンがヒーローです。

クレイパスのヒーローはどれもいいんですけど、デレク・クレーヴンは抜きん出ています。
裏通りで生まれ育ち、それこそ生きるためにはなんでもして這い上がった彼は、サラとは生きる世界が違うと彼女を遠ざけます。

クレイパスのヒロインは性格がさまざまですが、今回のヒロインは両親に愛されて育ったお嬢さんという感じで良かったです。
婚約者の母親にいじめられた後、

「あなたのお母様に腹をたてているんじゃありません。私をかばってくれなかったあなたに腹をたてているのです」

赤川次郎の小説のヒロインも同じこと言ったのを思い出しました。

最後まで飽きさせず読ませます。
まさに評判通りのおもしろさでした。

○追記
若いときのアイヴォウ・ジェナー(「冬空に舞う堕天使と」のエヴィーの父親)が出てきます。
デレクとサラの愛娘リディアがヒロインになる作品があるんですって。タイトルは"Against the Odds"
ヒーローはボウ・ストリートシリーズに出てくるお医者さま。
ジュリア・クイン、Kinley MacGregor(シェリリン・ケニヨンの別名)、クレイパスの人気作家を集めたアンソロジー"WHERE'S MY HERO?"に収録されてます。
早く翻訳されないかしら。

Dreaming of YouBookDreaming of You

著者:Lisa Kleypas
販売元:Avon Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 10月発売の目玉 | トップページ | スペインから来たドクター【キャロル・マリネッリ】 »

リサ・クレイパス」カテゴリの記事

文庫(ヒストリカル)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして~
夏ごろからロマンス小説にはまってしまったmasamotomamaと申します~
こちらは1ヶ月くらい前からROMさせていたいておりました~
「あなたを夢見て」は皆さんの評価が高くかなり期待して読みましたが、文句なし!「ふいにあなたが舞い降りて」が昨日までの一押しだったのですが、みごと追い抜かして、この作品は私の「ベスト・オブ・リサクレイパス」となりました~
ヒーローのデレクはかなり危険だけど文句なし良い男。リサヒーローのジャックとニックとセントビンセントの3人を足したぐらい良い男ですよね~(ほめすぎ?)
丁度この作品の設定年代が1825年ごろなので壁の花とリンクするかな~と思ってたら、なんと伏兵!
ボウストリートのDrリンリーとのロマンスなのですね。ボウストリート読んでるときから「この人のロマンスも読みたい~」と思っていたので絶対楽しみです!
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

masamotomamaさんいらっしゃいませ。

>ジャックとニックとセントビンセントの3人を足したぐらい良い男ですよね~(ほめすぎ?)

いや、ぜんぜんほめすぎじゃないです。
デレクはその三人の原型みたいな良さがありますよね。
リディアのお話のときには顔を出すのかなーとちょっと楽しみにしています。
でも、彼が出てくるとヒーローがかすんじゃうから出さないかもしれませんね。
ドクター・リンリーのお話はあるだろうと踏んでたんですが、まさか相手がデレクの娘とは思いませんでした。

クレイパスのお話はつながってることが多いようなので、出版された順番に読みたかったと思います。

masamotomamaさんのブログもたのしかったです。
コメント書いてくださってありがとうございました。
よかったらまた遊びに来てくださいね。

ずっと前に買ってたんですけど、主人が先に読んで私は今日読み終わりました。6月ごろにロマンス小説を読み始めて最近やっと悪い人がたくさん出てきても大丈夫になってきたので読みました。皆さんおっしゃるとおりとても面白かったです。マザコンの婚約者に言いたい放題言ってやる所はすっきりします。賭博場が燃えて従業員たちの仕事はどうしたのだろうとちょっと心配になりました。あの気のいい娼婦たちのことも(架空のお話なのに)心配してしまいます。さて、ともみさんの座布団三枚の作品はまだまだあるからこれから別のものを読むのが楽しみです。でも手に入らない本があるのが残念。
これからもともみさんの感想を楽しみにしていますからねー。

>渚さんへ

賭博場の従業員のうち何人かはひょっとしたらアイヴォウ・ジェナーの店に雇われたかもしれないです。
デレクの店がなくなってからジェナーの店しかなくなっちゃうので。

座布団は本当に私の好みなので、1枚とか2枚の中にもお気に入りがきっと見つかると思います。
いつも読んでくださってありがとうございます。
すごく励みになってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月発売の目玉 | トップページ | スペインから来たドクター【キャロル・マリネッリ】 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇