サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« あなたがいたから【スーザン・エリザベス・フィリップス】 | トップページ | 夫に片思い【ミランダ・リー】 »

夢を見ること【リサ・クレイパス】




Sugar Daddy


リサ・クレイパス Lisa Kleypas
古川 奈々子訳
2007年(原書)
2008年ライムブックス
★★★★1/2
座布団:◇◇◇最高に面白い!


Hero: ゲイジ・トラヴィス/実業家
Heroine: リバティ・ジョーンズ/ ヒューストンの美容師。田舎町のトレーラーハウス育ち


備考: リサ・クレイパス初のコンテンポラリー作品。


シリーズ: 「Travis 1」詳しくはこちら

ストーリー:
リバティの母親は男運がない。
リバティの父親に死なれて以来つきあった相手はみんなごくつぶしかろくでなしだ。
母親が未婚の母になり、産気づいたときも病院につれていったのは近所のハーディという少年だった。
リバティが愛してたのはハーディだけ。
でもハーディは遠くにいってしまい、小さな妹を残して母も死んでしまった。
必死で妹を育てながら美容師になったリバティはヒューストンの街で働きだし、大富豪のチャーチルに気に入られ彼の個人秘書になるがチャーチルの息子のゲイジはいい顔をしない。

感想:
「12の恋と16の恋」というのは昔なつかしの少女マンガ「キャンディ・キャンディ」にも描かれていましたが、この作品は「14の恋と24の恋」が描かれています。
ヒロインは最後にどちらかを選ばなくてはならなくなります。
おとぎ話ではない恋のつらさと切なさがうまくて、少女時代を過ぎれば、読むのを中断するのがつらいほど引き込まれました。

ヒロインのリバティが妹を育てていてシングルマザー状態なところ、二人の男性が出てくるところといい、同じクレイパスの「あなたのすべてを抱きしめて」を連想させます。

リサ・クレイパスはヒストリカルロマンスの有名作家ですが、コンテンポラリーも巧いということを証明した作品。

"Sugar Daddy"というタイトルに納得。

追記:
読み返すとほめたりてないのに気がついて改訂しました。(2009/09/12)

●ひとりごと●

少なくとも九つの州で禁じられている悪いことをしていた

なんでしょうね?気になりますよね?
そんなあなたにこういう記事を見つけました。
地域ごとに違う、10の性行為に関する変わった法律
少なくともヤマアラシじゃなさそうです。


禁止行為といえばあの『ブリジット・ジョーンズの日記』では
"That thing you just did is actually illegal in several countries. "
「今やったことは国によっては禁じられてるところも」
という台詞とその前後の台詞であっけらかんと「ア・・・」を描写してて驚いた記憶があります。(たぶんそのせいで映画公開のとき「R指定」になったんだと思います)
この本で『ブリジット・・・』と同じことしてたらドン引きですよ。

だから、「ブリジット」のほうじゃなくって、リンク先の「18の州で禁じられてる」やつ(つまり・・・)に一票。
(舞台の国が違うし!)

父親がメキシコ系アメリカ人なので、リバティはオリーブ色の肌に黒い髪、黒い瞳の美女で「リタ・ヘイワースに似てる」といわれてます。
リタ・ヘイワースは「ギルダ」が有名ですね。
手袋脱ぐところとかはっとするような色気があります。
映画「ショーシャンクの空に」で刑務所の壁にはってあるポスターの女優といったら思い出す方も多いのではないでしょうか?


Sugar DaddyBookSugar Daddy


著者:Lisa Kleypas

販売元:St Martins Mass Market Paper
Amazon.co.jpで詳細を確認する




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

« あなたがいたから【スーザン・エリザベス・フィリップス】 | トップページ | 夫に片思い【ミランダ・リー】 »

リサ・クレイパス」カテゴリの記事

文庫(コンテンポラリー)」カテゴリの記事

コメント

渚です。リサ・クレイパスのヒストリカルの方はほとんど読みつくしたのに、コンテンポラリーは読んでいませんでした。で、昨日と今日でこの本を読みました。さすが、座布団3枚ですね!!すごく良かったです。チャーチルとヒロインのかかわりが何なのか読んでる途中でいろいろ推理してたんですけど種明かしまで全く予想が出来ませんでした。チャーチルほんとにいい人だなぁ。
スーザン・E・フィリップスのあとガッツリした内容の本に飢えてたんですけど、この本で救われました。

★★★渚さんへ★★★

「夢を見ること」読みました?

基本的に三角関係ものが好きだからってのもあるけど、男性キャラクターがよかったですよね。
特にシュガー・ダディ!
ヒストリカルと比べるとリアルな設定だけどちゃんと読者に夢を見せるところがいいですね。

私もこの作品、大好きなんですよー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたがいたから【スーザン・エリザベス・フィリップス】 | トップページ | 夫に片思い【ミランダ・リー】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇