サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« メディエータ 3 サヨナラ、愛しい幽霊【メグ・キャボット】 | トップページ | メディエータ0 episode1 天使は血を流さない【メグ・キャボット】 »

満ち潮の誘惑【アマンダ・クイック】




Ravished

アマンダ・クイック Amanda Quick
高橋 佳奈子訳
1992年(原書)
2008年ヴィレッジブックス
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

Hero: ギデオン・ウェストブルック/セント・ジャスティン子爵。
Heroine: ハリエット・ポメロイ/ 聖職者の娘。化石収集家。25歳。


備考: リージェンシー(?)

作者別名:ジェイン・アン・クレンツ、ステファニー・ジェイムズ、ジェイン・キャッスル、Jayne Bentley, Amanda Glass, Jayne Taylor

●ストーリー:
後から知ったのだけれどセント・ジャスティン子爵は「ブラックソーンの野獣」と呼ばれているらしい。
数年前に牧師の娘を妊娠させた上で捨てた、汚らわしい男だという。
娘はその後自殺した。

だが、ハリエットが話したことがある子爵はまじめに話を聞いてくれる人だった。
自宅近くの洞窟の奥に盗品が隠されているという話をしたときも、すぐに対処すると約束してくれた。
ハリエットには彼が悪い人には思えない。

ある晩、洞窟の様子をうかがっていたハリエットは子爵とふたりきりのときに、洞窟の奥に閉じ込められてしまう。

●感想:
コンテンポラリーではジェイン・アン・クレンツ、ヒストリカルではアマンダ・クイック。
この二つのペンネームが有名ですが、全部で7つのペンネームを使い分けているベテラン作家です。
シルエット時代のステファニー・ジェイムズ名義の作品なら昔よく読んでました。

ブラックソーンの野獣といわれるギデオンと、化石に夢中でいわゆる「変人」なハリエットはいいコンビです。
他の誰がなんと言おうとハリエットだけがギデオンを信じています。

ヒーロー・ヒロインの間にはしっかりとした信頼関係があるので読んでいて気持ちがいいです。
そういえばこの作者の作品は男女関係にきちんとパートナーシップがあったと思い出しました。

418ページ

「この人を野獣と呼ぶんじゃない」

ここは貴婦人だし、相手は年上だしと思うと違和感がありましたが、場合が場合だからよし・・・でいいかな。

表紙もイメージカラーのターコイズを使ってますね。

たくさんの登場人物も表情豊かに描き分けられ、謎もあり、さすがベテランと言いたくなるような楽しい作品になっています。

RavishedBookRavished

著者:Amanda Quick
販売元:Bantam Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« メディエータ 3 サヨナラ、愛しい幽霊【メグ・キャボット】 | トップページ | メディエータ0 episode1 天使は血を流さない【メグ・キャボット】 »

作家名前:ア行」カテゴリの記事

文庫(ヒストリカル)」カテゴリの記事

コメント

先週からこの本を読んでいました。わりと早い段階で結婚したり、いろんな出来事があったり、謎解きもおもしろくて、ロマンス本のいつものワンパターンって感じでなくて面白かったです。
ともみさんのおっしゃるとおり、二人にはしっかりした信頼関係があって安心して読めました。ヒストリカルの久々のヒットでした。
さすが、座布団2枚!! ありがとう。
ところで、イギリスのAmazonで「TRUE BLOOD」のシーズン1のボックスを注文しました。定価よりもとても安いのに、さらに注文時に14%OFFになっていました。原作と比べるのが楽しみです。

★★★渚さんへ★★★
この作者さんのヒストリカルはほとんど読んでないんですがそのうちちゃんと読んでみようと思ってます。
シリーズロマンス時代は好きだったので。

気に入っていただけたみたいで、よかったです。

>さすが、座布団2枚!! ありがとう。
こちらこそ、いつも声をかけていただいてありがとうございます。
最近あまり書けなくなってるのに、本当にうれしいんです。

>TRUE BLOOD
日本のLALA TVで放送してるんでしたっけ?
いやまだしてないのかしら。
http://lala.tv/programs/trueblood/
うちは今契約してないので見れないんです。

原作は…。最初に一冊だけ出た旧訳(http://iyan-books.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-dcd4.html)なら読んでるんだけど新訳はまだ読んでないです。

残りもおもしろそうですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メディエータ 3 サヨナラ、愛しい幽霊【メグ・キャボット】 | トップページ | メディエータ0 episode1 天使は血を流さない【メグ・キャボット】 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇