サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« DSハーレクインセレクション | トップページ | 「晴れ、ときどきロマンス」が選んだロマンス(2009年) »

言えない言葉[ローズマリー・ハモンド]

Face Value

ローズマリー・ハモンド作/ Rosemary Hammond
山田 信子訳
1989(原書)
1990年ハーレクイン・イマージュ I-615
★★☆☆☆


Hero: ジョン・ファルコナー/証券会社社長
Heroine: クリスティン・コナーズ/モデル


▼ストーリー:
初めは月に一度くらいのものだった。
だが昨年の末ぐらいから急に頻度が増している。
その男は事務所のあるビルの正面にいるのだ。

クリスに声をかけてくるわけでもなく、それどころか見ていたとも言い切れない。
だが彼はクリスのためにその時間にその場所にいて、クリスを強烈に意識していると確信していた。

クリスに近づくわけでもなく声をかけるわけでもない。
ただ、その男はそこにいた。

モデルとしての最後の仕事の席で、クリスは恐怖の悲鳴をあげそうになった。
あの男が、そこにいた。

▼感想:
ローズマリー・ハモンドは1983年から1996年の間に32作のロマンスを書いています。(ソース)

なんでヒロインに執着してるのかよくわからず、しかもすぐに「いくらでも条件を言ってほしい」です。
つまりいきなり金額の交渉。不気味。

ひたむきな恋愛のはずがストーカーにしか見えなくて(汗)
どういう変化球なのかとずっと考えてました。

ごめんなさいって感じです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ


« DSハーレクインセレクション | トップページ | 「晴れ、ときどきロマンス」が選んだロマンス(2009年) »

作家名前:ラ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DSハーレクインセレクション | トップページ | 「晴れ、ときどきロマンス」が選んだロマンス(2009年) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇