サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« すばらしい時【デビー・マッコーマー】 | トップページ | 読んだ後で »

豪雨のあと【イヴォンヌ・ウィタル】

The Lion of La Roche

イヴォンヌ・ウィタル作/ Yvonne Whittal
田塚 由美子訳
1981(原書)
1983年ハーレクイン・ロマンス R-278
1992年ハーレクイン・クラシックス C-229
★★☆☆☆


Hero: グスターフ・ド・レーウ/実業家。39才
Heroine: キャロライン・アダムス/無職。20才。


○備考:「年の差」19才、契約結婚、遺産相続。


▼ストーリー:
婚約者の家に向かう途中で豪雨のため車を動かせなくなり、途中の農家で一泊させてもらったキャロラインは、そのことが原因で婚約者とうまくいかなくなってしまう。

農家の男の紹介で就職したキャロラインが借金返済の資金繰りに苦労していると、会社の社長は豪雨の夜に泊めてもらった農家の男だったと知る。
彼は遺産相続のため、キャロラインの借金を肩代わりする代わりに結婚してほしいという提案をしてくる。


▼感想:
読んでから気がついたけど、これ、ずいぶん前にもってました。
残念。

遺産相続のためにやってくるヒーローの義理の母親がのぞきに来たり、義理の弟にせまられたり、窓のないワイン倉に閉じ込められたり、まあ盛りだくさん。
「・・・・ですわ」という語尾も古風です。

ヒロインは借金取りの愛人になるか資産家の妻になるかを選ばなくてはならなくなりますが、借金取りのほうが良かったんじゃないかと思うぐらい、ヒーローに魅力がない。
あまり優しいとは言えず、初夜からして無理矢理っぽいしその後も「苦痛の声をあげるまで手首をねじりあげ」たりとか乱暴なんです。

最後に連れ戻しにくる落差を狙ったのかもしれないけど、昔はこんなのでも「ヒーロー」扱いされたんだなーと資料的に読むのがいいのかもしれません。

ヒーローの家のメイドは「黒人女」と書かれています。
舞台が南アフリカで、当時は人種隔離政策をしていて有色人種の地位が低かったことを考えるとなかなか興味深いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

« すばらしい時【デビー・マッコーマー】 | トップページ | 読んだ後で »

作家名前:ア行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すばらしい時【デビー・マッコーマー】 | トップページ | 読んだ後で »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇