サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 久しぶりに更新 | トップページ | 愛と情熱の契約結婚【ジャスミン・ヘインズ】 »

キャンセルにご用心【エマ・ダーシー】




The Wedding

エマ・ダーシー著 Emma Darcy
柊 羊子訳
1992(原書)
1994年ハーレクイン・イマージュ(初版I-836)
1999年100LOVE ベストセラー作家たちの100冊
2010年ハーレクイン文庫
★★★☆☆


Hero: ブレイズ・キャラガン/建築会社社長
Heroine: テッサ・ストックトン/重役秘書


○備考:オフィス


▼ストーリー:
「いや、用はある。君が必要なんだよ、ストックトン」
社長秘書の代理で出張に同行したテッサが部屋を下がろうとすると、ブレイズはそう言った。

別にいいじゃないの。私は婚約者に昨夜裏切られたのよ。ブレイズ・キャラガンを求めて、何が悪いの?
もう何にも縛られる必要はないんだもの。

それに、相手はブレイズ・キャラガンなんだもの。こんなことは二度と起こらないわ…。


▼感想:
失恋の反動で上司と一夜を共にしたテッサ。それは真実の愛へのはじまり…というわけでうまいこと蜘蛛の巣にひっかかった感あり。お母さんにちょっと癖があるけど(この作者にしては)後味も悪くありません。

この本は前にも読んでました。
エマ・ダーシーは読みやすいですよね。

P.148

「ストックトン、君と結婚したい」
「なぜです?」
「君が必要だからだよ。ストックトン」

愛がどうとかいうよりも「結婚は必要性の問題」と言い切るブレイズの押し切りはなかなかいいです。
「必要かどうか」の答えはお互いはっきりしてたんですもの。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ


« 久しぶりに更新 | トップページ | 愛と情熱の契約結婚【ジャスミン・ヘインズ】 »

文庫(コンテンポラリー)」カテゴリの記事

作家名前:ア行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに更新 | トップページ | 愛と情熱の契約結婚【ジャスミン・ヘインズ】 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇