サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 「ぼくの白雪姫」再販! | トップページ | 逃げだしたプリンセス【リン・グレアム】 »

買う予定のハーレクイン





ここのところ、買っても読めてないんですが買う予定は今のところ、この二冊です。

« 「ぼくの白雪姫」再販! | トップページ | 逃げだしたプリンセス【リン・グレアム】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

渚です。せっかく届いてたのにちょっと忙しくて「ぼくの白雪姫」が読めなかったんですけど、やっと読みましたー!!
本当にともみさんの情報ってすごいです!!どうして再販されるのがわかったんですか?一応ハーレクインのメールマガジンは取っているのですが、メインページには再販のニュースは無かったじゃないですか~。
いや~、このブログをチェックしてて良かったなーとつくづく思います。
ともみさんの「買う予定」の「セクシーなダーリン」、私がはじめて読んだロマンス本の作家であるローリー・フォスタの作品だからともみさんの書評が楽しみです。「秘めやかな約束」を読んだときぶっ飛ぶくらい衝撃的でした…。しかしあれからどっぷりハマってしまって毎日楽しく読んでます。ありがとう。
最近ともみさんの座布団付きの作品で手に入る物がほとんどなくなってしまって(中古でね)。
最近はアマンダ・クイックとアン・グレイシーの本にはまっていました。それを読みつくして、先週はリンダ・ラエル・ミラーの本をずっと読んでました。なんて暇人って感じですね(笑)。娘は司馬遼とか硬派なものばかり読んでるのに親の私は…でもロマンス本はお気軽で楽しくて方に力が入らないしハッピーエンドだし家事の不毛さを埋めてくれるからいいですよね。

★★★渚さんへ★★★

こんばんはです。

>情報
私もハーレクインのメルマガだと思ってました。
えっとハーレクインじゃないとしたらネット書店bk1のメールマガジンです。

新発売の本の情報がのってるメルマガが来るので。

>いや~、このブログをチェックしてて良かったなーとつくづく思います。
そう言っていただけてうれしいです。
ありがとうございます。

>「秘めやかな約束」を読んだときぶっ飛ぶくらい衝撃的でした…。

あれってこのブログをはじめてまもない頃に読んだので、私もすごく楽しかったです。
HOTでしたし。

>座布団付きの作品で手に入る物がほとんどなくなってしまって(中古でね)。
わー。けっこうお読みになってるんですね。
私は去年ぐらいから環境が変わっちゃったのであまり読めてません;
とっくに追い抜かされてますね。きっと。
アマンダ・クイックとアン・グレイシーを読み尽くして…ってすごいです。
リンダ・ラエル・ミラーは昔のものしか読んでないです。
「熱い腕で抱きしめて」とか好きだったです。

お嬢さんは読書家なんですね。
司馬遼太郎ですか。私読んだことないかも。

ロマンスは生活の必需品ですよ。
つらい毎日を送る大人にこそファンタジーが必要なんですもの。
どんどん読んじゃいましょう。

渚です。フィリス・ホールドーソンの「ガラスの迷宮」が手に入らないので、安かったから「天使を抱いて眠る夜」を一ヶ月前に買って昨日読みました。ヒロインがヒーローに誤解されたりすれ違ったりするたびに彼女はちゃんとハッキリと自己弁護するのにはビックリ。まぁ、スッキリするといえばスッキリするけどあまりにもハッキリ言い過ぎてかわいくないです。「ガラスの迷宮」が早く読みたいです。
そのあと以前に他のブログでえらい絶賛していたジュディス・マクノートを買ってたのでかなり流しながら読みしました。すごく絶賛してた割には好みじゃなかったなぁ。そのブログでやはり絶賛していたキャンディス・キャンプも「んんん~…」って感じだった。
やっぱり私はともみファンだなぁ。
ともみさん、新しい書評、待ってますからねー!!

★★★渚さんへ★★★
こんばんは。
私もテレビでハリー・ポッターのロブ見てましたよ。

映画館でも見てるんですが、当時はそんなに注目してなかったです。

スーザン・エリザベス・フィリップスは最初がつらくて、後はちゃんと取り返すんですよね。私もちゃんと読まなくちゃ。

>「天使を抱いて眠る夜」
あー。読んだことあります。
このブログ始めるちょっと前ぐらいに。
あのヒーロー、こどもの話になるとちょっと変になる人でしたね。
あそこまで頑固になると、別れたほうがいいと思いましたよ。
ずっと恨んでるけどヒロインのせいともいいきれないし。
「ガラスの迷宮」って文庫は高いんですね。
でもシルエット・ロマンスのほうはそうでもないけど、これは古いからでしょうね。

>やっぱり私はともみファンだなぁ。
ははは。
ロマンスは嗜好品なので、コーヒーや煙草みたいに好みの差が激しいんですよ。
たまたま渚さんと嗜好があったんですね。
ありがとうございます。

>ともみさん、新しい書評、待ってますからねー!!
…どきっ どきどき
が、がんばります…。

渚です。「すみれのブーケ」が手に入ったので読みました。リン・グレアムの本にとても似たようなのがあったような気がするのですが、どの本だったか思い出せません(笑)。いつもの展開でしたね(笑)。傲慢ヒーローは楽しいですね。
ともみさん、あつままさん、是非「愛はジャスミンの香り」を読んでみてくださいな。ヒロインはさしたるつらい目にはあいませんから。でもって、ヒーローはものすごく傲慢でかっこいいです。スーザン・E・フィリップスの作品なのでお話もとてもしっかりしてて薄っぺらくないです。すごくオススメ。
昨日、テレサ・マデイラスの「夜明けまであなたのもの」を読みました。なかなか良かったです。
そういえば、J・R・ウォード「ブラック・ダガー・シリーズ」の続編はまだですかねー。本国ではシリーズもすっかり終わろうとしてるのに…。

渚さんへ 
すみれのブーケ読まれたんですねhappy01HQにしか生息してない典型的な傲慢年の差メロメロ壊れ気味ヒーローですよね。リンヒーローは他に愛人作ったりするけど、彼はヒロイン一筋なんですよね。そこが好きです。
「愛はジャスミン。。。」読んでみますね!「夜明けまで。。。」も評価高いので気になってます。
私は今、ダラス・シュルツェとバーバラ・フェイスにはまっています。バーバラ・フェイスの「初夏の浜辺を歩けば」はとても素敵な作品でしたよ。もし機会があれば読んでみてくださいね。

こんにちは。

「すみれのブーケ」私も読みました。
メロメロヒーロー好きなので楽しかったです。(感想はいずれ書くのでしばらくお待ちくださいね)

「愛はジャスミンの香り」と「夜明けまであなたのもの」ですね。
読むリストにいれておきますね。
(積ん読が多いのでだいぶん先になると思いますが…)

今年の夏はいろいろあったので本よめなかったので、参考にさせていただきます。
おもしろい本を教えてくださってありがとうございます。

ともみさんへ
すみれの。。。読まれたんですね!感想書かれるの楽しみにしてます。何回か再読するうちに、あれだけラブラブだったのに、ちょっとアメリカ行って帰ってきたら彼女が居なくなっていて、理由も全くわからなくて、それはそれは途方にくれただろうな。。。ってヒーローが可哀想に思いました。
渚さんの言われてた、フィリス・ホールドソーンの作品で”そのときの花嫁”というのがありますが、傲慢ヒーローとけなげなヒロインもので面白かったです。ただ、裏紙裏のあらすじが全く違う作品のものでした。(驚)明らかに人の名前間違ってる文章もあるし。渚さんのおっしゃるように”ガラスの迷宮”は高すぎて手が出ません!いつか読んでみたいです。

★★★あつままさんへ★★★

こんばんはです。

>「そのときの花嫁」
タイトルになんとなく覚えがあると思ったら「裏表紙のあらすじが全く違う」で思い出しました。
ありましたね。そういうの。
残ってないんですが昔読みました。
昔はいいかげんだったんですね。。。

>すみれのブーケ
まだ感想書いてない作品がいくつかあるんでいつとはっきり言えないのですが近々感想をあげますね。

ともみさんへ
レヴュー更新されるのが楽しみに待ってますね!私もせっせと古いHQで良い作品を探し出しては読みまくってます。(o^-^o)時には、ちょっぴり残念な作品にもあたりますが、めげずに新しい作家さんにも慎重にトライしてます。読書の秋を満喫しようと思いますヽ(´▽`)/

★★★あつままさんへ★★★
ここ1,2年ロマンス本がなかなか読み進められなくて更新が遅くなってるんですけど楽しい本があったらご紹介したいし、読んで楽しいものが書けたらいいなと思っています。
いつも読んでくださってありがとうございます。

渚さんへ
「愛はジャスミンの香り」読了!ヒロインそれほど悲惨な目に合わず、安心して読めました。いつものSEPらしく、ヒーローがへたれでヒロインが強くて魅力的でしたね。私はヒロインが、辛くて追い詰められてどうしようもなくてヒーローの元を去って、それをヒーローが必死で探して追いかけてっていうシチュエーションが超ツボなので、その点だけがちょびっと残念でしたが、ヒーローがヒロインに誠実だったしサブキャラもとても素敵な人ばかりで好きです。良い作品を教えてくださって感謝しますhappy01

あつままさんへ
「愛はジャスミンの香り」読んでくださってありがとうございます。私も「野に咲く白薔薇」を読みましたよー!!ヒーロー、おっしゃるとおり面白い人ですね。イジワルな義姉が出てきますがそれによってヒロインがヒーローに誤解されることが無かったのがとても良かったです。楽しい本でした。
あつままさんの好みからすると「キスミーエンジェル」は超ツボではないですか?あれは何回読んでもいいですよね。
ヒロインが逃げ出してヒーローが探すっていうシュチュエーションではありませんが、アン・グレイシーの本はどれも良かったです。「麗しのプリンセスとくちづけを」は唯一あんまり好きではないですが、他の彼女の本はどれもヒーローがとても誠実でヒロインに対して絶対に誤解をしないでまっすぐに想っているので、すごく気持ちよく読めます。お話もいわゆるワンパターンでなくてちゃんと読ませてくれますしね。
明日は子供の運動会なので出番意外は退屈するので「道化師は恋の語りべ」を持って行こうと思っています。楽しそうだから運動会にぴったりかなと。

ともみさん、リサ・クレイパスの「夜明けの色を紡いで」を読みました。キャムとアメリアのお話の続編ですね。ロマのケヴ・メリペンとアメリアの妹のウィンのお話です。とても良かったです。ラブシーン満載です。お話もけっこういろんなことがあって面白かったです。めでたし、めでたし、だし。 ただ、私の大好きなセントヴィンセント卿セバスチャンが出てこなかったのが残念でした。彼とエヴィー…どうしてるかなー(実在しませんけど気になります)。

「夜明けの色を紡いで」読まれました?
私はまだです(汗

セバスチャンとエヴィーのその後の様子は書いてなかったんですね。
でもクレイパスものってどこかでひょっと出てくることがあるから忘れたころに…なんてことになるといいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ぼくの白雪姫」再販! | トップページ | 逃げだしたプリンセス【リン・グレアム】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇