サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 東京創元社 夏の100冊 | トップページ | ナイス・ツイート! »

雨上がりの恋人【エリザベス・ホイト】



The Leopard Prince

エリザベス・ホイト著 Elizabeth Hoyt
古川 奈々子訳

原書:2007
日本発売:2009年ライムブックス
★★★★1/2
座布団:◇面白い!

Hero: ハリー・パイ/土地差配人。
Heroine: ジョージナ(ジョージ)・メイトランド/伯爵令嬢。メイトランド伯爵の姉。4人の弟妹がいる。28歳。

▼備考:1760年イングランド。18世紀。ジョージ王朝時代。

▼シリーズ: 「Princes Trilogy 2」

▼作者別名: Julia Harper (コンテンポラリー)

▼ストーリー:
妹の手紙で呼び出されたジョージは土地差配人のハリー・パイと共にヨークシャーの領地に向かう。
途中、馬車が横転したときかばってくれた使用人のハリーを、ジョージははじめて男性として意識し始める。

ヨークシャーでは羊の毒殺が横行しており、犯人だと噂されているのはハリー・パイだった。
彼には土地と家族にまつわる暗い過去があった。

▼感想:
実はけっこう前に読んでたけど、書き終わるのが遅くなってしまいました。

使用人ヒーローです。
「お嬢様(マイ・レディ)」というような丁寧な言葉遣いが、関係が変化するにつれ呼び方はそのままで、言葉がところどころ崩れていきます。
口調は丁寧なんだけどやってること大胆っていうか、そのアンバランスなところがちょっと笑えました。

身分が違ってもけっこう簡単に結婚してたのが気になりました。
後ろ盾があるからなんだろうけど、前の作品もするすると召使いヒロインと結婚してたような気がします。
18世紀は後の時代ほどうるさくなかったって事かしら。

ヒロインの語るおとぎ話は前作のほうがよかったけど、全体的にとても読みやすかったです。

The Leopard Prince Book The Leopard Prince

著者:Elizabeth Hoyt
販売元:Grand Central Publishing
Amazon.co.jpで詳細を確認する

_______________________________

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

« 東京創元社 夏の100冊 | トップページ | ナイス・ツイート! »

作家名前:ア行」カテゴリの記事

文庫(ヒストリカル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京創元社 夏の100冊 | トップページ | ナイス・ツイート! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇