サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 買う予定のハーレクイン | トップページ | 献身【ヴァイオレット・ウィンズピア】 »

逃げだしたプリンセス【リン・グレアム】



DESERT PRINCE, BRIDE OF INNOCENCE

リン・グレアム作
漆原 麗訳
原書:2009
日本発売:2010年ハーレクイン・ロマンス R-2529
★★☆☆☆


Hero: ジャシム・ビン・ハミド・アル・ライス/カラム王国の次男
Heroine: エリナー・テンペスト/子守


▼シリーズ:「予期せぬ結婚 1」

▼備考:アラブ人ヒーロー

▼ストーリー:
兄の皇太子と子守の娘が怪しいという訴えを聞いたプリンス・ジャシムは、ふたりを引き離すために子守のエリナーの誘惑をたくらむ。あっというまにエリナーは妊娠してしまい、急いで結婚するがすべてを知ったエリナーは結婚式の後逃げてしまう……


▼感想:
「(よくも悪くも)いつものリン・グレアム」なんだけどテンプレート通りで印象に残らない、残念なほうのリン。
ラブシーンがいつもより即物的な感じがします。
リンの描くヒーロー像とアラブものはあまり相性が良くないです。


■今回のリン・グレアム度数■50%
・ 「悪い家族」△ いるっていえばいるけどいつものような借金はなし
・ 「別居中に愛人がいる」×
・ 「双子」×
・ 「妊娠」○
・ 「エピローグ」○


Desert Prince, Bride of Innocence (Harlequin Presents)

新品価格
¥525から
(2010/9/9 22:17時点)


« 買う予定のハーレクイン | トップページ | 献身【ヴァイオレット・ウィンズピア】 »

リン・グレアム」カテゴリの記事

コメント

渚です。
まずは、ともみさん、更新ありがとうございます。しかもリン・グレアム…。残念な方のリンでしたか~。しかも私の苦手なアラブ物。ちょっとだけ中近東に居たことがあるので、どうもアラブ人は苦手です。
あつままさん、「そのときの花嫁」を読まれたんですね。実は私まだその本を入手してないです。とっても読みたいんですけどね。でも、今日「キスは涙の味」が届きました~!!明日読んでみます。
今日はサマンサ・ジェイムズの「黒き侯爵の花嫁」を読んでいました。シリーズ物の3作目です。なかなかいいですよ。ヒロインはひどい目にあわないしヒーローがとことん優しいです。

渚さんへ 中近東にいらしたことがあるんですね!住みたくはないけど、ちょっと行ってみたいなあ。正直、シーク物で大好きな作品にはめぐり合えてません。”キスは・・・”はカウボーイ物で、あたたくて爽やかな読後感ですよ。(実はカウボーイ物は大好物です)”そのときの花嫁”はたぶん渚さんのツボど真ん中ではないかと。。。(年の差・けなげヒロイン・傲慢ヒーロー)フィリス作品はこれしか読んでませんが、良かったです。”黒き公爵の・・”は欲しいものリストに入れてるんです。ヒストリカルモードのときに読みたいと思ってます。デボラ・シモンズとか、トーリ・フィリップスとか大好きなんです。 教えてくださってありがとうございました! 

あつままさんへ
いろいろな作家さんを教えてくださってありがとう!!
ダラス・シュルツェもバーバラ・フェイスもデボラ・シモンズもトーリ・フィリップスも全然知らない作家さんでした。で、どの本をまず読んだらいいか教えてくださいませんか?あんまり本の数が多すぎてレヴューを読むのも結構しんどいです。
あつままさんのお勧めから読みたいとおもいますのでよろしくお願いします。

★★★渚さんへ★★★

こんばんはです。

2か3か迷う感じのリンでした。

シリーズの最初にもってくることが多いからけっこう書いてるんですがリンはアラブものはイマイチです(汗

「キスは涙の味」はタイトルがいいですね。
ちょっと探してみます。
「黒き侯爵の花嫁」はシリーズものなんですね。
おもしろい本の情報ありがとうございます。

渚さんへ
私も初めての作家さんの場合、評判の良いもので自分のツボに当てはまるものを選ぶためにレヴューを読みまくります(時間と予算の関係上)なので、渚さんの納得いく作品でありますように、私のお勧めは→D.シュルツェ(優しい読後感・ホット度低め)「藁くじの花嫁」「スピード結婚」T.フィリップス(格調高い雰囲気)「野に咲く白薔薇」「道化師は恋の語り部」(ともみさんレビューあり!)B.フェイス(大人の恋愛・押せ押せヒーロー)「危険な恋ほど魅力的」D.シモンズ(どれ読んでも面白いんです)「尼僧院から来た花嫁」(ともみさんレビューにある「悪魔の花嫁」のスピンオフ)「狼を愛した姫君」ネタばれが怖いのであんまり語れませんが、どの作家さんも大御所で、一定水準以上の作品を楽しめると思います。機会があれば、是非!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 買う予定のハーレクイン | トップページ | 献身【ヴァイオレット・ウィンズピア】 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇