サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 「黒いドレスは幸運の印」再版 | トップページ | ハロウィーンの夜【ヴァイオレット・ウィンズピア】 »

罪深き愛につつまれて【マヤ・バンクス】



Colter's Woman

マヤ・バンクス著 Maya Banks
浜 カナ子訳
原書:2006
日本発売:2009年マグノリアロマンス
★★★★☆

Hero: アダム、イーサン、ライアン/コルター兄弟
Heroine: ホリー・バードウェル/逃亡中の花嫁

▼備考:エ○ティカ、多人数

▼シリーズ:「コルター 1」
続編のColters' Wifeはマグノリア・ロマンスのHPで公開中。短編。
恐ろしいことにColters' Ladyという続編が出るらしいです。
この記事を書いてる段階ではkindleでしか手に入らず、書籍版は予約なのですが息子セスと弟たちの物語のようです。
(ああ、伝統は受け継がれてるじゃないの!)

▼ストーリー:
山奥の狩猟小屋に弟たちと住むアダムは雪まみれで倒れている若い女を見つける。
華奢な体を腕に抱いた瞬間にアダムは彼女こそ運命の女だと確信する。

▼感想:
 買う前から、どんな内容かは知ってました。
 内容を知った瞬間に「げ!」と思いました。さすがに本屋でも見かけたことがなくて。
「やっぱりそういうのはすぐなくなっちゃうのね」とか思ってたら、気になっちゃって。

……結局、買っちゃいました。

 えろえろです。しかも「ド」のつく。
アのつく単語が当たり前のように出てきて多人数なんて、すでに「ロマンス」のジャンルじゃないと思うんですけど。
4 P だし。

 このヒロイン、実は大金持ちのお嬢さんで新婚の夫から逃げています。
でもそんなことどうでもいいっていうか。
すべては三兄弟の住む山小屋にたどりつくための前提に過ぎません。

 殺人を目撃してるのに警察には頼らないし、どういうこっちゃと。
最後は警察にかくまわれて生活していたという設定(証人保護なんでしょうね)ですけどセリフでしか説明がないし、サスペンス部分はかなりおざなりです。

ヒロインはヴァージンなのに、いっぺんに→個別→いっぺんにとまるで体操競技のようにあっけらかんとこなしてらっしゃいます(敬服)。

 「きみが三人の男と暮らしちゃいけないっていう法律はない」

という長男の説明は笑わしてくれます。

そりゃ法律はないだろうけどさ。

「うちではずっとそうだったんだ。遺伝的ってわけじゃない」

と、おじいさんも父親の世代もそうだったと力説するヒーロー。つまり変態一族じゃないといいたいようです。

変態じゃなきゃ原始人だよ。

こんなわけのわからん説明でも納得するヒロイン!
……だめだ!洗脳されてるぞ!

男多人数vs女ひとりというのは作者の好きなパターンのようです。

 「彼を誘惑する方法」(こっちは普通のロマンス)にもあるとおり、保護者、理解者(親友)、恋人というように三兄弟を位置づけています。
三人の間に独占欲とかそんなのは全然ないので、これもファンタジーの一種です。

 小説としてはつっこみどころ満点でできがいいわけじゃない(というかむしろ下手)ですがスポーツ見てるみたいで楽しかったです。キワモノ ですけど。

この作品に副題をつけるなら「変態家族みんなの嫁さん」というタイトルにしましょう(コラ)

Colters' Woman (Colters' Legacy)

新品価格
¥1,209から
(2010/11/4 23:09時点)

 


*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

 

« 「黒いドレスは幸運の印」再版 | トップページ | ハロウィーンの夜【ヴァイオレット・ウィンズピア】 »

作家名前:マ行」カテゴリの記事

文庫(コンテンポラリー)」カテゴリの記事

コメント

やっぱりともみさんの記事は面白いです!!!
更新、ありがとうございます!!

アのつく言葉ってなんでしょう…。ごめんなさい、鈍感で…。答えられるようでしたら教えてください。気になります。

ともみさんの記事が面白いから読んでみたい気になるんですけど、あまりにすごい設定なのでどうしよう…。「愛と情熱の契約結婚」よりすごそうですね。

今日はキャシー・ラブの「満月の夜はあなたと」を読んでみました。このシリーズはみんな簡単になんの葛藤もなしに人間であることをやめますね。「トワイライト」とはえらい違い。でもサラッと読めて面白いですけどね。

昨日「エクリプス」が公開になりましたね。見にいかれましたか?ともみさんの評価はどうですか?
ロザリーが今までで一番キレイだったと思います。ROBはやっぱり一作目が若くてカッコイイ。

★★★渚さんへ★★★
こんばんはです。

>更新、ありがとうございます!!
いやそんなお礼を言われるなんてそんな(汗
いつも元気になるような言葉をくださって、こちらこそありがとうございます。

>アのつく言葉ってなんでしょう
「あ」の後は「なる」です。

>あまりにすごい設定
本当に、なんていうか。
去年から話題になってたので内容だけは知ってたんですがついにここまで来たかという。。。

不衛生だと思いました(爆

もうこれはロマンスとは言えないと思ってます。
SFっていうか。

>エクリプス
月曜に見てきました。
えーと。。。。
ロブの眉毛は整えたほうがいいと思いました。
すごく老けてるんですよね(汗)

今度まとめて記事書きますね。
たぶん「親には内緒」のほうに書くと思います。
あっちもしばらく書いてなかったので。

ロザリーはきれいだったですね。
サーティーンのころに比べて鼻いじったなとかそういうのばかり見てしまいました。

全体的に見て『ニュームーン』よりマシだったかなーと思いました。
すみません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「黒いドレスは幸運の印」再版 | トップページ | ハロウィーンの夜【ヴァイオレット・ウィンズピア】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇