サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

« 罪深き愛につつまれて【マヤ・バンクス】 | トップページ | ログインできません »

ハロウィーンの夜【ヴァイオレット・ウィンズピア】



By Love Bewitched

ヴァイオレット・ウィンズピア著 Violet Winspear
堤 祐子訳
原書:1984
日本発売:1985年ハーレクイン・ロマンスR-428
日本発売:1990年ハーレクイン文庫
日本発売:2009年ハーレクイン文庫
★★☆☆☆

Hero: ジェイソン・デブレル/ダイナの後見人、銀行頭取。37才(?)
Heroine: ダイナ/被後見人。20才

▼備考:後見人、年の差(17才?)

▼関連作:ダイナの肖像画を描く画家バリーは過去にも「涙の結婚指輪」でもヒロイン(ドミニ)の肖像画を描いています。(Romance Cottage様情報)

▼ストーリー:
ハロウィーン・パーティーの晩、後見人のジェイソンのものにされてしまったダイナは逃げ出して、デパートの店員として自活していた。
ある日ついにジェイソンに見つかったダイナは、妊娠していたこともあって渋々彼のもとに戻り妻になることに。

▼感想:
 初期のハーレクインは本国で発売されてから、日本で発売されるまでにタイムラグがあることが多いんですが80年代半ばぐらいになると一年程度で翻訳されています。
 今とあまり変わらないですね。
 この作品を初めて読んだのは80年代後半だと思いますが、当時すでにウィンズピアは「古かった」んです。
 でもその古くささが魅力の作家だと思っていました。
発売されたのは80年代ですが40ー50年代の雰囲気ですよね。

 この作品でも妊婦が飲酒してたりするので今の感覚からすると「え?」と思ってしまいます。当時でも妊婦の飲酒がだめという感覚はあったような気がするんだけど。

 このヒロインは丸めがねで容姿にコンプレックスを持っています。

「どうせ私はモネのすいれんとドガの踊り子とならぶとフクロウだもの」P.36

「私たち二人で町に出るとみんなが好奇の目で見るのがどうしてかわかったわ!町一番の魅力の持ち主が眼鏡をかけた女と一緒だからよ!」P.121

「じゃあ、私が平凡な顔立ちだということ??」P.125

「美しいものの好きなあなたが私みたいな女を妻に選んだのが不思議だわ!」P.135

「生まれてくる子が私みたいに近眼だったらどうしよう。学校では”四つ目”って言われるわ」P.135

…きりがない。
他にも他人にむかって愚痴ばかりだし。
こんな性格のヒロインは鬱陶しいです。

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

 

« 罪深き愛につつまれて【マヤ・バンクス】 | トップページ | ログインできません »

作家名前:ア行」カテゴリの記事

文庫(コンテンポラリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 罪深き愛につつまれて【マヤ・バンクス】 | トップページ | ログインできません »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇