サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

文庫(コンテンポラリー)

現代もの。第二次大戦後。

ハロウィーンの夜【ヴァイオレット・ウィンズピア】



By Love Bewitched

ヴァイオレット・ウィンズピア著 Violet Winspear
堤 祐子訳
原書:1984
日本発売:1985年ハーレクイン・ロマンスR-428
日本発売:1990年ハーレクイン文庫
日本発売:2009年ハーレクイン文庫
★★☆☆☆

Hero: ジェイソン・デブレル/ダイナの後見人、銀行頭取。37才(?)
Heroine: ダイナ/被後見人。20才

▼備考:後見人、年の差(17才?)

▼関連作:ダイナの肖像画を描く画家バリーは過去にも「涙の結婚指輪」でもヒロイン(ドミニ)の肖像画を描いています。(Romance Cottage様情報)

▼ストーリー:
ハロウィーン・パーティーの晩、後見人のジェイソンのものにされてしまったダイナは逃げ出して、デパートの店員として自活していた。
ある日ついにジェイソンに見つかったダイナは、妊娠していたこともあって渋々彼のもとに戻り妻になることに。

▼感想:
 初期のハーレクインは本国で発売されてから、日本で発売されるまでにタイムラグがあることが多いんですが80年代半ばぐらいになると一年程度で翻訳されています。
 今とあまり変わらないですね。
 この作品を初めて読んだのは80年代後半だと思いますが、当時すでにウィンズピアは「古かった」んです。
 でもその古くささが魅力の作家だと思っていました。
発売されたのは80年代ですが40ー50年代の雰囲気ですよね。

 この作品でも妊婦が飲酒してたりするので今の感覚からすると「え?」と思ってしまいます。当時でも妊婦の飲酒がだめという感覚はあったような気がするんだけど。

 このヒロインは丸めがねで容姿にコンプレックスを持っています。

「どうせ私はモネのすいれんとドガの踊り子とならぶとフクロウだもの」P.36

「私たち二人で町に出るとみんなが好奇の目で見るのがどうしてかわかったわ!町一番の魅力の持ち主が眼鏡をかけた女と一緒だからよ!」P.121

「じゃあ、私が平凡な顔立ちだということ??」P.125

「美しいものの好きなあなたが私みたいな女を妻に選んだのが不思議だわ!」P.135

「生まれてくる子が私みたいに近眼だったらどうしよう。学校では”四つ目”って言われるわ」P.135

…きりがない。
他にも他人にむかって愚痴ばかりだし。
こんな性格のヒロインは鬱陶しいです。

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

 

罪深き愛につつまれて【マヤ・バンクス】



Colter's Woman

マヤ・バンクス著 Maya Banks
浜 カナ子訳
原書:2006
日本発売:2009年マグノリアロマンス
★★★★☆

Hero: アダム、イーサン、ライアン/コルター兄弟
Heroine: ホリー・バードウェル/逃亡中の花嫁

▼備考:エ○ティカ、多人数

▼シリーズ:「コルター 1」
続編のColters' Wifeはマグノリア・ロマンスのHPで公開中。短編。
恐ろしいことにColters' Ladyという続編が出るらしいです。
この記事を書いてる段階ではkindleでしか手に入らず、書籍版は予約なのですが息子セスと弟たちの物語のようです。
(ああ、伝統は受け継がれてるじゃないの!)

▼ストーリー:
山奥の狩猟小屋に弟たちと住むアダムは雪まみれで倒れている若い女を見つける。
華奢な体を腕に抱いた瞬間にアダムは彼女こそ運命の女だと確信する。

▼感想:
 買う前から、どんな内容かは知ってました。
 内容を知った瞬間に「げ!」と思いました。さすがに本屋でも見かけたことがなくて。
「やっぱりそういうのはすぐなくなっちゃうのね」とか思ってたら、気になっちゃって。

……結局、買っちゃいました。

 えろえろです。しかも「ド」のつく。
アのつく単語が当たり前のように出てきて多人数なんて、すでに「ロマンス」のジャンルじゃないと思うんですけど。
4 P だし。

 このヒロイン、実は大金持ちのお嬢さんで新婚の夫から逃げています。
でもそんなことどうでもいいっていうか。
すべては三兄弟の住む山小屋にたどりつくための前提に過ぎません。

 殺人を目撃してるのに警察には頼らないし、どういうこっちゃと。
最後は警察にかくまわれて生活していたという設定(証人保護なんでしょうね)ですけどセリフでしか説明がないし、サスペンス部分はかなりおざなりです。

ヒロインはヴァージンなのに、いっぺんに→個別→いっぺんにとまるで体操競技のようにあっけらかんとこなしてらっしゃいます(敬服)。

 「きみが三人の男と暮らしちゃいけないっていう法律はない」

という長男の説明は笑わしてくれます。

そりゃ法律はないだろうけどさ。

「うちではずっとそうだったんだ。遺伝的ってわけじゃない」

と、おじいさんも父親の世代もそうだったと力説するヒーロー。つまり変態一族じゃないといいたいようです。

変態じゃなきゃ原始人だよ。

こんなわけのわからん説明でも納得するヒロイン!
……だめだ!洗脳されてるぞ!

男多人数vs女ひとりというのは作者の好きなパターンのようです。

 「彼を誘惑する方法」(こっちは普通のロマンス)にもあるとおり、保護者、理解者(親友)、恋人というように三兄弟を位置づけています。
三人の間に独占欲とかそんなのは全然ないので、これもファンタジーの一種です。

 小説としてはつっこみどころ満点でできがいいわけじゃない(というかむしろ下手)ですがスポーツ見てるみたいで楽しかったです。キワモノ ですけど。

この作品に副題をつけるなら「変態家族みんなの嫁さん」というタイトルにしましょう(コラ)

Colters' Woman (Colters' Legacy)

新品価格
¥1,209から
(2010/11/4 23:09時点)

 


*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

 

献身【ヴァイオレット・ウィンズピア】



The Passionate Sinner

ヴァイオレット・ウィンズピア著 Violet Winspear
山路 伸一郎訳
原書:1977
日本発売:1981年ハーレクイン・ロマンス R-98
日本発売:1983年ハーレクイン・クラシックス C-24
日本発売:2010年ハーレクイン文庫
★★☆☆☆


Hero: ポール・ファン・セタン/オランダ人外科医
Heroine: マーリン・レイクサイド(ジェーン・ブリッジ)/元見習い看護師


▼備考:オランダ人ヒーロー。舞台はインドネシア?


▼ストーリー:
高名な医師(ヒーロー)が失明した責任を被せられた見習い看護師が南の孤島に住む彼のところに行き、中年女性を装って秘書になり、やがて結婚するが彼にばれてしまいつらい結婚生活を送るお話。


▼感想:
 以前クラシックスで出たものを持ってました。文庫化されたものを再読です。

 今の感覚で読んだら「ん?」と思うようなところがあります。
 はじめにヒーローは失明を「見習い看護師」のせいだと恨んでてヒロインは自分の正体を隠さざるを得ませんが、結婚後ヒーローはヒロインのことを「もうひとりの看護師(あばずれ)」だと思っています。

 言っても聞く段階じゃないとヒロインは言ってますが、どっちも犯人だと思われてるんだったら、「いや、そっちじゃなくて見習いのほうです」と訂正したほうが良くないですか?
ヒロインが訂正しようとしないのは不可解です。

 あと、ヒーローを失明させたにもかかわらず、このあばずれ看護師のほうは最後まで出てこないし責任を追及されたりしないんですよね。とてもひっかかります。

 あと、左腕を切りつけられたショックで目が見えるようになったってご都合主義じゃないかしら。


▼つっこみ:
 まず最初に、この作品が書かれたのは1977年(昭和52年)です。
 この時代に「パソコン」入力したり(P.47)、「CD」を聞いたり(P.87)するっておかしくないですか?

 以前の訳が家にないので断言できませんがこの部分は「タイプ」「レコード」だったはずです。翻訳自体は1981年の初版のときと同じもので、単語だけ今の言葉に(機械的に)置換してるんですね。

 NASAとかそういう政府系の企業ならまだしも、この時代の家庭にパソコンってありました?「パーソナル・コンピュータ」って呼び方が普及したのは80年代以降でしょう?
 CDって82年以降に発売されて、80年代半ばぐらいから普及したものじゃありませんでした?

 ウィンズピアの作品は歴史小説としか思えないレトロなところ、異国のエキゾチックなところを楽しむもので、翻訳はそれにそったものになってるのに、単語だけ無理矢理現代に置き換えたために、よけいにちぐはぐな、わけのわからないものになってます。

 年数がたつと当時はよくても今はアウトになる言葉があるから、言い換えしたほうがいい場合もあるんだろうけど、これは違うと思います。

 再版したからってこういうつまんない、ささいなところいじるのやめましょうよ。
改悪にしかならないんですから。

 1962年が舞台の映画『ヘアスプレー』で、当時は存在もしていなかった言葉「スローライフ」や「メタボ」を字幕に使う戸田奈津子みたいじゃないですか。
(「スローライフ」はDVD版では修正済み?「メタボ」はCMのみです)

愛と情熱の契約結婚【ジャスミン・ヘインズ】




The Fortune Hunter
ジャスミン・ヘインズ著 Jasmine Haynes
木村 浩美訳
原書:2007
日本発売:2010年ハヤカワ文庫(イソラ文庫)
Ratings:★★★1/2☆(3.5)

Hero: コナー・キングストン:ビジネスマン
Heroine:フェイス・キャッスル:キャッスル鉱業の社長令嬢、幼稚園教師

▼備考: 契約結婚、エ ロ ティック・ロマンス

▼シリーズ:Fortune Hunter 1

▼作者別名:Jennifer Skully

●ストーリー
「ずうずうしい人ね。財産めあてに結婚したいと正面切って言うなんて信じられないわ」

「君の財産を狙ってるわけじゃない。それとも、きみをくどいて、ぼくに恋をさせ、腹づもりを伏せておいたほうがよかったのかな」

いいえ。
財産めあての男と知らずに不幸な結婚をした女になるのは嫌。

どうしてわたしは席を立って出ていかないの?

幼稚園の教師をしているフェイスの夢は自分のこどもをもつこと。それもたくさん。
そしてコナーの夢は最高経営責任者になること。

ああ、わたしはこの人を好きになりかけている。そんなことがあってはならないのに。


●感想
ハヤカワってこんな本も出すようになったの?とちょっと驚いた一冊。

これ、ストーリーの骨格は伝統的なハーレクインなんですね。
何のへんてつもない、オーソドックスな内容ですが、ふたりが一緒のシーンは必ずといっていいぐらい「行われて」ます。他のことは何もしてないと言っていいぐらい(爆)

511pもある作品ですが、濡れ場をのぞいたら100ページぐらいしか残らないかもしれません。

まず結婚前のヒーローの台詞で説明させていただくと

「グループ・セ○クスも、ス○ッピングも、乱○パーティもしない。痛みをともなう行為も、屈辱的な行為もなしだ。でも、ほかのことはなんでもありだ」
雰囲気が伝わりましたでしょうか?

テレフォン、道具、公共の場所、野外とかそんな感じ。当然というか、そのへんで拒否反応が出る人がいそう。

読みながら「翻訳者さんも大変だなあ」と思ってしまいました。

ストーリーそのものは好みですが3.0と4.0の間で迷う感じ。
ロマンスというよりエ ロ テ ィ カなので好みは分かれます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

キャンセルにご用心【エマ・ダーシー】




The Wedding

エマ・ダーシー著 Emma Darcy
柊 羊子訳
1992(原書)
1994年ハーレクイン・イマージュ(初版I-836)
1999年100LOVE ベストセラー作家たちの100冊
2010年ハーレクイン文庫
★★★☆☆


Hero: ブレイズ・キャラガン/建築会社社長
Heroine: テッサ・ストックトン/重役秘書


○備考:オフィス


▼ストーリー:
「いや、用はある。君が必要なんだよ、ストックトン」
社長秘書の代理で出張に同行したテッサが部屋を下がろうとすると、ブレイズはそう言った。

別にいいじゃないの。私は婚約者に昨夜裏切られたのよ。ブレイズ・キャラガンを求めて、何が悪いの?
もう何にも縛られる必要はないんだもの。

それに、相手はブレイズ・キャラガンなんだもの。こんなことは二度と起こらないわ…。


▼感想:
失恋の反動で上司と一夜を共にしたテッサ。それは真実の愛へのはじまり…というわけでうまいこと蜘蛛の巣にひっかかった感あり。お母さんにちょっと癖があるけど(この作者にしては)後味も悪くありません。

この本は前にも読んでました。
エマ・ダーシーは読みやすいですよね。

P.148

「ストックトン、君と結婚したい」
「なぜです?」
「君が必要だからだよ。ストックトン」

愛がどうとかいうよりも「結婚は必要性の問題」と言い切るブレイズの押し切りはなかなかいいです。
「必要かどうか」の答えはお互いはっきりしてたんですもの。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ


すばらしい時【デビー・マッコーマー】




Some Kind of Wonderful

デビー・マッコーマー著/ Debbie Macomber
秋野 ユリ訳
1988(原書)
1989年シルエット・ロマンス L-373
1995年ハーレクイン文庫 B-130
2009年ハーレクイン文庫 HQB-258
★★★☆☆

Hero: ジョン・マクファーランド/資産家
Heroine: ジュディ・ラビン/保母(通称ビューティ)


○備考:「美女と野獣」

○シリーズ:「愛の伝説 1」


▼ストーリー:
家庭というものを知らず、里親のもとを転々として育ったマクファーランドは他の会社に圧力をかけてつぶすという手を使い、36才にして世界でも有数の資産家になった。
ラビン海運をつぶすまであと一歩のところまできていたが、チャールズ・ラビンのプライドの高さには一目おいていた。
戦うチャンスを与えずにつぶしてしまうには惜しい。

チャールズ・ラビンにとって、会社とはどれほどのものなのか確かめてみたくなったマクファーランドは彼にある提案をする。

愛娘を差し出すか、破産か、どちらかを選べと。

チャールズ・ラビンは娘を差し出すことを拒んだが、娘のジュディは自らの意志でマクファーランドの元に向かった。

▼感想:
「美女と野獣」「白雪姫」などの童話をモチーフにした連作もの。
ディズニー映画「美女と野獣」(1991)よりも前に書かれた作品です。

「娘を差し出せ」と言って自分の住む孤島に誘い出しておきながら、このヒーローは愛人にするわけでもなくただそこにおいておいて話し相手にしたり、一緒に乗馬を楽しんでいます。
・・・紳士です。
ヘンタイのヒヒ爺じゃなくて良かったね。

このマクファーランドって男は気前が良くて、ジュディにプレゼントしまくったり、ジュディが一言言えば学校を立て直したり病院を作ったり。
・・・代わりたいって人もけっこう多いんじゃないかと思います。

ジュディは家族に無事を知らせる手紙を時々出すほかは島の子供たちと楽しく遊んでいましたが、こどもがオウムをもってるのを見て自分はとらわれの身だと思い出します。
今頃気がついたんかい。

つい突っ込みをしながら読んでしまったけど、ヒロインの家族や秘書などのちょこっと出てくる人間が温かいのはこの作家の特徴だと思いました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

あの夢の果てに[スーザン・エリザベス・フィリップス]



Dream a Little Dream

スーザン・エリザベス・フィリップス著/ Susan Elizabeth Phillips
宮崎 槇訳
1998(原書)
2004年二見文庫
★★★★1/2
座布団:◇面白い!

Hero: ゲイブ(ガブリエル)・ボナー/ドライブインのオーナー、元獣医
Heroine: レイチェル・ストーン/テレビ伝道師の未亡人

○備考:1999年RITA賞

○シリーズ:「シカゴ・スターズ 4」
「あなたがいたから」のヒーローだったキャル・ボナーの弟ゲイブが今回のヒーロー。
詳しくはこちらを「スーザン・エリザベス・フィリップス: シリーズ一覧」

▼ストーリー:
「カロライナの誇り」というドライブインの真ん前で、レイチェル・ストーンの命運は尽きた。

「ママ、ぼくたち死ぬの?」
壊れた車の後部座席で5歳の息子が聞いてきた。
この子はおなかがすいているのだろうか?

最後に食事をさせたのは4時間前。しなびたオレンジと牛乳とサンドイッチだけ。
世のなか広しといえど、こどもにこんな食事しかさせてやれない母親などそうはいないだろう。

と言ってもレイチェルの財布の中はたったの9ドルと小銭。それだけ。

ふとドライブインのひさしをみると「従業員募集」の看板を見つけた。

仕事!自分にもようやく運が向いてきたのかもしれない。

さっき出くわした無愛想で不愉快な男がオーナーだということは考えないようにして、レイチェルは寂れたドライブインの扉を開けた。

▼感想:
レイチェルは数年前に亡くなった悪名高きテレビ伝道師の未亡人。

夫は亡くなる前に自分の非を若い妻のせいだと吹聴していたのでこのへんでレイチェルをよく言う人はいません。
町を出て別のところで最低賃金の仕事を掛け持ちしながら息子を育ててきましたが、住み込みで働いていたところの上司に乱暴されそうになり、息子をつれ、車に全財産をのせて移動していました。

以前に住んでた町のそばまで来た時、車が壊れ一文なしになってしまったレイチェルはドライブインの従業員に応募することになります。

前作「あなたがいたから」のヒーローだった長男キャルと三男の牧師イーサンも重要な役割を果たします。

 

日本では出版された順序が逆になっていますが、本作は「ボナー家の物語」という側面が強いので「シカゴ・スターズ」の「1」と「2」は読まなくても差し支えありませんが、「3」の「あなたがいたから」だけは先に読むことをおすすめします。
前作のラストを読んでるとにやっとくる仕掛けが本作にはあります。

「うまさ」と「面白さ」というのは一致しない場合がありますが、スーザン・エリザベス・フィリップスは間違いなくうまくて、しかも面白いロマンス作家です。

同時代の作家と比べても頭一つ抜けてる存在だと思います。

時間をかけてゆっくり読むつもりだったけどロマンスを読む時間があまりとれなくなってきたので、残りのSEP作品を読み終わるまであと何年かかることやら。

タイトルはもしかしてこの曲からついてるのかもしれませんね。
曲は"Dream A Little Dream of Me" 
歌手はドリス・デイでお送りします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

彼を誘惑する方法【マヤ・バンクス】



Seducing Simon

マヤ・バンクス著 Maya Banks
藪中 久美子訳
2006(原書)
2010年マグノリアロマンス
★★★1/2☆(3.5)

Hero: サイモン・アンドリュース/消防士
Heroine: トニ・ラングストン/25歳。動物病院勤務。

●ストーリー:
「冗談だろう?どうしたんだ。なにがあったんだ?」

家を出て一人暮らしをしたいと言ったトニに、兄がここまで興奮するとは予想外だった。

トニは25歳。消防士の兄と、兄が呼び寄せた消防士仲間の親友サイモンとA.J.の4人で一軒の家に住んでいる。

トニは自分の愚かさのせいで、誰よりも大切な三人との関係を失いそうになっていた。

ああ、本当にばかなことをした。
おなかのこどもの父親はトニを抱いたことすら覚えていないのだから。


●感想:
一緒に住んでるしデートもしてるのに「言わない」という理由そのものがちょっと弱いので「早く言わんかい」な気持ちになってしまいます。
繰り返しての表現もちょっとなんだし。

最後のほうになるとお約束な展開ですが、けっこうツボでした。
この展開が嫌いな人は少ないかもしれません。

でも小説としてはうまくない。「下手だけどおもしろかった」です。

★つけるの、すごく迷いました。
できそのものは「2」。楽しんじゃった度は「4」だからどっちよりにつけよう;
平均すると「3」だけど;

◆追記:
先に訳されたものを見るとこの作者さんって男多人数&ヒロインという図式がお好きなんでしょうか?
作家性?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

木曜日の朝、いつものカフェで【デビー・マッコーマー】



Thursdays At Eight

デビー・マッコーマー著 Debbie Macomber
石原 まどか訳
2001年(原書)
2003年扶桑社セレクト
★★★★☆


Heroine: クレア・クレイグ、リズ・ケニヨン、カレン・カーティス、ジュリア・マーチソン


備考: フィクション(一般小説)


●ストーリー:
日誌の書き方講座で知り合ったクレア、リズ、カレン、ジュリアの四人は毎週木曜の朝会うことにしている。
別れた夫を許せないクレア、夫を亡くし子供たちが巣立ってしまった50代後半のリズ、若い女優志望のカレン、子供の手が離れたと喜んでいたら妊娠してしまった40歳のジュリア。

世代も職業も違う四人はお互いの近況を話しながらそれぞれの道を探っていく。


●感想:
ベテランのロマンス作家デビー・マッコーマーの作品ですが、これは「ロマンス」ではありません。
20代から50代の女性グループの友情を描いた一般的なジャンルの「フィクション」です。

はじめは日誌、それから一人称でテレビドラマのようにひとりひとりのエピソードが交互につづられます。
デビー・マッコーマーはストーリーテラーなので、あっというまに最後まで読んでしまいます。
ロマンスではないのですが、彼女たちのそばには魅力的な男性もいてそれぞれに心温まる結末が待っています。

レベッカのお買いもの日記 1【ソフィー・キンセラ】



The Secret Dreamworld of a Shopaholic

ソフィー・キンセラ Sophie Kinsella
飛田野 裕子訳
2000年(原書)
2003年ヴィレッジブックス
★★★★☆


Hero:ルーク・ブランドン/ 実業家
Heroine:レベッカ・ブルームウッド(ベッキー、ベックス)/ 金融情報誌のジャーナリスト。25歳。


○備考:チックリット(CHICK LIT)
○シリーズ:続編あり。くわしくはこちら。


○作者別名:Madeleine Wickham


●ストーリー
レベッカは金融情報誌に書いているジャーナリスト。
なのに金銭感覚はめちゃくちゃ。
銀行からの請求書も催促の手紙もレベッカをとめることはできない。
だって50%オフの店がそこにあるのよ!?
わかっちゃいるけどやめられない、レベッカの仕事と恋のサクセスストーリー。

●感想
ロマンスというよりも、中村うさぎみたいな買い物中毒のヒロインを
「ちょっとマテ」とつっこみながら読む作品。

ぷっと吹き出すようなところがいくつかあって楽しい作品になってます。

続編が出てるのでそのうち読むつもりです。

映画は2009年の5月に公開予定。「お買いもの中毒な私!」オフィシャルサイトはこちら

監督は「ミュリエルの結婚」「ベストフレンズ・ウェディング」のP.J.ホーガン。
いい監督なので期待できそう。
___________________________
↓映画のレビュー記事
『お買いもの中毒な私!』

より以前の記事一覧

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇