サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

文庫(パラノーマル)

タイムトラベル、未来もの他

オリンポスの咎人 2 ルシアン【ジーナ・ショウォルター】

The Darkest kiss (2008)
Into the Dark (2010)
The Darkest Pleasure (2008)

ジーナ・ショウォルター著 Gena Showalter
佐野 晶訳
原書:2008,2010
日本発売:2011年MIRA文庫

Hero: ルシアン/不死身の戦士。死の番人
Heroine: アニヤ/無秩序の女神

▼備考:ファンタジー

▼シリーズ:「オリンポスの咎人 2」

▼ストーリー:
無秩序の女神アニヤが心ひかれたのは数千年もの間ひとりで生きてきた死の番人ルシアン。
傷だらけのルシアンのそばにいたいアニヤは彼につきまとう。

だがルシアンはタイタン族の王からアニヤを殺す命を受けていた。


▼感想:
(注意)ハーレクインが募集していた「オフィシャルサポーター」に応募して送っていただいた本です。
だから今回は「そのつもりで」書いています(締め切りあり)

HARLEQUINの「オリンポスの咎人  2  ルシアン」詳細ページ


「オリンポスの咎人」の2作目です。

死の番人を狙うハンター、神々からの命令、そして仲間とキャラクターが多いです。

身も蓋もなく誘うアニヤとひたすら無視するルシアン。
なかなかHOTなのですが、この二人だけのお話になると物語が少しばかりペースダウンします。

ちゃんと物語が動き出すのは後半。
パリス(淫欲の番人)や3作目のヒーローになるレイエス(苦痛の番人)が危機に見舞われてから。

期待させますがパリスのところもレイエスのところもさらっと終わってしまいます。
レイエスのところは3作目、パリスはそれ以降でじっくり描かれるんでしょうね。

世界観になれるまで戸惑ってしまうので読む予定のある方は最初から読むことをおすすめします。

それにしても最後にある「対談」って原作にもあるんでしょうか?

◆◆◆「オリンポスの咎人」シリーズ◆◆◆

【第一話】オリンポスの咎人  1  マドックス  MIRA文庫 2011年1月15日発売

【第二話】オリンポスの咎人  2  ルシアン  MIRA文庫 2011年2月15日発売

【第三話】オリンポスの咎人  3 レイエス  MIRA文庫 2011年3月15日発売

* 【第四話】秋頃発売予定(出版社情報)

ザ・ホスト 全3巻【ステファニー・メイヤー】

ザ・ホスト 1 寄生ザ・ホスト 2 背信ザ・ホスト 3 別離

The Host

ステファニー・メイヤー著/Stephenie Meyer
小原 亜美訳
原書:2008
日本発売:2010年ソフトバンククリエイティブ(単行本)
★★★★☆
座布団:◇面白い!

Heroine: ワンダラー(ワンダ)/いくつかの星で寄生を繰り返してきた彷徨(ほうこう)する者=ワンダラーと呼ばれる。

▼備考:SF

▼ストーリー:
ワンダが寄生した地球人の体にはもともとの持ち主だったメラニーの意識が残っている。
しかも、時々話しかけてきさえする。

はじめのうちは不快だったが、時間がたつうちにワンダはメラニーに感情的なつながりを持つようになる。
メラニーの大事な、恋人のジャレッドやかわいい弟ジェイミーの記憶にも。

ワンダが人間(メラニー)の記憶を持っているとにらんだ捜索者はワンダの監視をはじめる。
ワンダとメラニーの体をひきはがして、メラニーの記憶から残った人間の行方を探るという。

それがうまくいってもいかなくてもメラニーの体を廃棄処分すると聞いたワンダは、おぼろげな記憶を頼りにメラニーの家族、ジャレッドとジェイミーを探しに砂漠へと向かう。

▼感想:
ボディ・アンド・ソウル。
身も心も。メラニーとワンダ。

銀色のリボン状の形をして人間の首筋に入り込み意識をのっとる宇宙人ヒロイン登場。
存在自体が人間としての形をなしてないロマンスのヒロインというのはほとんど知りません。
アン・マキャフリーの「歌う船」でさえ本体は人間ですし。

人間に寄生するものですから「ボディ・スナッチャー」を例に出すまでもなく、普通なら悪役としての立場ですが、このヒロイン、めっちゃいい人です。

全巻セットを買ったので通して読みましたが最初のうちは投げ出しそうになりました。
物語が本格的に動き出すのはワンダ(メラニー)が洞窟にとらえられてからなので、その場面をもっと早めにもってきたほうがよかったと思います。
序盤にある学生との対話のあたりは正直退屈でしたし。

ぐっとおもしろくなるのは2巻の後半でイアンの態度に変化がおこってから。
ワンダとジャレッドが話しているところを不安そうに向こう側から見つめていたりして、イアンとジャレッドの間に火花が散りだしてから。

ワンダ(メラニー)のためにまわりの男たちが手に手に食料をもってくるところが楽しい。

「あなたが勝ったら私の部屋に寝ていいわ」とワンダが言ったとたんに猛然と試合をがんばり出すイアンがおかしい。
ワンダは手加減されるのにうんざりしたのと、ぐっすり寝たい一心だったんですけどね(苦笑)

この作品はステファニー・メイヤーが大人の読者向けに書いたものですがHOT度はキスまで。
だから中学生ぐらいなら娘さんと一緒に読んでも大丈夫でしょう。

ワンダを中心にしたイアンとジャレッドの三角関係(正確にはメラニーを含めた四角関係)は一番おもしろかったです。

体(ボディ)のメラニーの情愛を共有しつつ、誰よりも善良なる魂(ソウル)を持つワンダの自己犠牲の精神や優しさはじんときました。

◆気がついたこと
この単行本は挿絵はありません。
イメージが限定されるのが嫌なので「ない」のはほっとしました。
出版社のサイトを見たら、ちゃんと有名な漫画家さんのイラストがあって、ヒロインはイメージ通りだったけど男性キャラはイメージが違ってたので、本の中になくて良かったと思いました。

表紙は3冊並べるとぎょっとしますね(汗)
原書と同じなんだけど。

◆映画化決定
トワイライト・サーガのヒットでこの作品も映画化が決まったそうです。
できるまで何年かかかるでしょうが、楽しみですね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

ハウス・オブ・ナイト/甘く危険な儀式[ P.C.キャスト、クリスティン・キャスト]

ハウス・オブ・ナイト  甘く危険な儀式 上ハウス・オブ・ナイト  甘く危険な儀式 下

Marked (House of Night)

P.C. Cast and Kristin Cast

P.C.キャスト著
クリスティン・キャスト著
古川 奈々子訳
2007(原書)
2009年角川書店(単行本)
★★★1/2☆(3.5)


Hero: エリック・ナイト/黒髪でサファイアブルーの瞳。学園の憧れの存在。
Heroine: ゾーイ・レッドバード(モンゴメリ)/16歳の普通の少女。母方からネイティブ・アメリカンの血を引いている。


▼備考:ヤングアダルト パラノーマル(ヴァンパイア)
公式サイト(日本語)
公式サイト(英語)


▼シリーズ:「ハウス・オブ・ナイト 1」

▼ストーリー:
「ゾーイ・モンゴメリ!夜がそなたを選んだ。運命が夜の館(ハウス・オブ・ナイト)で待っている!」
ヴァンパイアの追跡者(トラッカー)にしるしをつけられ、平凡な高校生だったゾーイの運命は大きく変わった。

しるしをつけられたものは、「ハウス・オブ・ナイト」と呼ばれる寄宿学校に4年間入らなくてはならない。
そこで人生と肉体の大改造をとげるのだ。その過程で死んでしまわなければの話だけど。

学校に入らない場合はそのまま死んでしまう。
もはやゾーイに選択肢は残されていなかった。


▼感想:
P.C.キャストが母親で、クリスティン・キャストが娘です。
ふたりは母子で共著という珍しいスタイルをとっています。
お母さんが先に文章を書いて大学生の娘さんが手を入れるという形で書いているシリーズで、現在6作まで出ています。

うーん。これ、読者対象はティーンですよね?
なのにヒロインはいきなりフ●●●オ場面を目撃してしまいます。
このへんでティーン向けとは言えないような。
ヴァンパイア見習いのこどもたちが4年間学ぶ学校ということで、授業の様子が楽しかったです。

あの男の子がヒロインを気にいった理由が、元カノがひどすぎたせいとしか思えなかった。あとルックス。
ということで、恋愛ものとしてはイマイチ萌えませんでした。
まだ最初の1冊ということで、これからおもしろくなるのかも。

ケータイ小説のサイトで連載してたというのでおそるおそる読みましたが、「超イケメン」があるぐらいで読みやすかったです。

▼気になった点
●その1
表紙が上巻と下巻で違う女性だし、しかも好みでない。
(頭の中で女友達だと変換しながら読みました)

●その2
上巻
「モンスター・インク」P99
「シャニア・トゥワイン」P137
(グーグルで検索したら7件だけヒットしましたが、通常は「シャナイア・トゥエイン」じゃないかと)


小さなことですがこういうところでひっかかっちゃうと気になって物語に入れないんです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ


永遠なる時の恋人【J.R.ウォード】



Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhood

J.R.ウォード/J.R. Ward
安原 和見訳
2006(原書)
2009年二見文庫
★★★★1/2
座布団:◇面白い!


Hero: レイジ/黒き剣兄弟団
Heroine: メアリ・ルース/秘書


○備考:ヴァンパイア

○シリーズ:「黒き剣兄弟団 2」くわしくはこちら。


○作者別名:ジェシカ・バード(Jessica Bird)


●ストーリー:
自殺防止ホットラインでボランティアをしているメアリのもとには時々無言電話がかかってくる。
無言電話の主はジョンといって口のきけない華奢な少年だった。
友達のベラはジョンが何者かを見抜き、武術の専門家に紹介すると言ってメアリもいっしょにある施設につれていく。
そこで恐ろしいほどの美男子のレイジに出会い魅かれあうがメアリは白血病の再発におびえていた。

●感想:
発売直後に買ったのを今頃片づけてます。

殺人課のブッチは今ではヴィシャスのルームメイトになってて、レイジと3人でつるんでいます。
人間のまま。
このシリーズでは人間はヴァンパイアのエサじゃないので安全です。一応。
マリッサには避けられてるのでブッチの活躍は4作目まで待つということで、今回はレイジがヒーロー。

ハリウッドという異名を持ち、女にもてることに関しては誰にも負けない彼が愛したひとは声が美しいメアリ。
ヴァンパイアのレイジが人間でしかも白血病のメアリにひたすら尽くすのがいいです。

ひたむきに愛されたいあなたにおすすめ。
しかしメアリって重病なのに、あんなにセ(自粛)して大丈夫なんだろうかと思ったのは内緒。

■ポイント:
レイジのDVDコレクションは(皮肉じゃなくて)本当に趣味がいい。
『オースティン・パワーズ』と『裸の銃を持つ男』はボックスセットで持ってるのに、『エイリアン』と『エイリアン2』はあっても『3』以降はないとか。

ハリー・ポッターの小説とか持ってるし。
やっぱりここでもゴジラは好きなのね。

■気になったこと
これってやっぱり3●っていうのかしら(不安)

Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger BrotherhoodBookLover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhood

著者:J.R. Ward
販売元:Signet
Amazon.co.jpで詳細を確認する

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

雨のなかの待ち人【J.D.ロブ(ノーラ・ロバーツ)】




Glory in Death

J.D.ロブ/J. D. Robb
小林 浩子訳
1995(原書)
2003年ヴィレッジブックス
★★★★1/2
座布団:◇面白い!

Hero: ローク/実業家
Heroine: イヴ・ダラス/ニューヨーク市警の警部補


○備考:近未来(フューチャリスティック)、ロマンティック・サスペンス

○シリーズ:「イヴ&ローク 2」

○作者別名:ノーラ・ロバーツ

●ストーリー:
近未来のニューヨーク。
イヴの知り合いの女性検事が薄汚れた歩道で遺体で見つかった。
上司の長年の友人ということもあって捜査を担当するイヴだったが、第二、第三の事件がおこる。


●感想:
1作目もそうだったんだけどロマンスというよりミステリーとしてよくできてます。
まわりのキャラクターもだんだんいい味を出し始めてて、続きが楽しみになってきました。

ロークとの仲が真剣になるにつれ怖気づいてしまうイヴ。
つらいときにはそばにいてくれるロークが必要だと自覚し「愛してる」と告白しあって二人の仲はもうひとつ上の段階へ。

トワイライト 3 上・下【ステファニー・メイヤー】

トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)トワイライトIII 下 (ヴィレッジブックス)


2007(原書)
2009年ヴィレッジ・ブックス
トワイライト・サーガ第三部「Eclipse」 (2007)の翻訳です。
単行本の7巻、8巻、9巻と同じです。

↓内容についてのブログ記事はこちら
『トワイライト 7、8、9(単行本)/ステファニー・メイヤー』

↓シリーズ全体についての記事
「ステファニー・メイヤー Stephenie Meyer/トワイライト・サーガ」
_____________________

単行本では読んでたけど文庫本になったので再読。
再読なので再読ならではの感想を書きたいと思います。
評価は単行本ヴァージョンと同じ。
______________________

ボーイフレンド以外の男からアクセサリーとかもらっちゃだめなんだってば!
しかもそれを彼の前でつけちゃだめだ!
小学校の道徳の時間で習わなかったのか?(習いません)

振る男に向かって
「愛してる」ってそれはないだろう。ベラ!
「彼がいなかったらあなたが運命の相手だった」みたいなこと言うし。
そんなこと言われたらかえって悲しいよ。

どっちも「愛してる」ってそりゃないよ。
わたしゃ読んでて眩暈がした。(再読なのに)

Photo

原題の意味は「日食」なんだけど、はじめは太陽がエドワードで月がジェイコブなのかと思ってたんだけど読み返したら太陽がジェイコブで月がエドワードなのかもしれないと思った。

これはエミリー・ブロンテの『嵐が丘』をモチーフにした「選ぶこと」についての物語。

_____________________

画像は本当に売ってるトワイライトグッズ。

Bellas_bracelet問題のアクセサリー。
アメリカの販売先。

Bellas_engagement_ring_tm指輪。
アメリカの販売先。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

この悪夢が消えるまで【J.D.ロブ(ノーラ・ロバーツ)】




Naked in Death

J.D.ロブ/J. D. Robb
青木 悦子訳
1995(原書)
2002年ヴィレッジブックス
★★★★1/2
座布団:◇面白い!

Hero: ローク/実業家
Heroine: イヴ・ダラス/ニューヨーク市警の警部補


○備考:近未来。(フューチャリスティック)、ロマンティック・サスペンス

○シリーズ:「イヴ&ローク 1」

○作者別名:ノーラ・ロバーツ


●ストーリー:
近未来のニューヨーク。
公認ライセンスを持つ娼婦が殺され、警部補のイヴ・ダラスが捜査にあたる。

娼婦が殺される場面を撮影した動画には「六の一」という犯人からのメッセージがかぶせられていた。
被害者の交友関係と銃から大富豪のロークが捜査線上に上がるが、ロークは被害者の両親に頼まれて話をしただけだと主張する。


●感想:
本当のことを言うとノーラ・ロバーツはそんなに好みの作家ではないのですが、別名義のこの作品は読みやすかったです。

最初のほうでロークに嫌疑がかかりますが、シリーズの名前が「イヴ&ローク」だとわかってる今となっては犯人なわけないですよね。
そのへんで出版当時から比べるとだいぶん不利な感じがしますけど「ページをめくらせる」ことについてはさすがベテランというべきものがあります。

ヒーローは最初からヒロインに夢中。

捜査するうちに幼いころのヒロイン自身のトラウマが蘇ってしまい、犯人を挙げることは自分をも救うことになるというところは『羊たちの沈黙』を思い出しました。

脇に出てくる人も生き生きしてるのでさすがにシリーズ化を念頭において書かれただけあります。

Naked in DeathBookNaked in Death

著者:J.D. Robb,Nora Roberts
販売元:Berkley
Amazon.co.jpで詳細を確認する

十字の刻印を持つふたり【ローレル・K.ハミルトン】



Guilty Pleasures (Anita Blake, Vampire Hunter)

ローレル・K.ハミルトン/Laurell K. Hamilton
小田 麻紀訳
1993(原書)
2006年ヴィレッジブックス
★★★☆☆


Heroine: アニタ・ブレイク/アニメーター社の蘇生師。ヴァンパイア・ハンター


○備考:パラノーマル(ファンタジー、ホラー)

○シリーズ:「アニタ・ブレイク・シリーズ 1」詳しくはこちら。


●ストーリー:
アニタ・ブレイクは蘇生師にしてヴァンパイアの処刑人。
ジャン=クロードというヴァンパイアから、ヴァンパイア殺しの事件を調査するように脅され。。。。


●感想:
この段階ではロマンスじゃなくって、アクションホラーかな。
ヒロインのキャラクターがいいし、わりと早く読み終わったけど世界の中に入りこむことはできませんでした。
何冊か読むとおもしろくなっていくのかも。

トワイライト 10ー13(単行本)【ステファニー・メイヤー】

トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁 トワイライト〈11〉 夜明けの守護神

トワイライト〈12〉 不滅の子 トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて

Breaking Dawn (Twilight Saga)

ステファニー・メイヤー/Stephenie Meyer
小原 亜美訳
2008(原書)
2008-2009年ヴィレッジブックス(単行本)
★★★★☆
座布団:◇面白い!

Hero: エドワード・カレン / ヴァンパイア。
Heroine: イザベラ(ベラ)・スワン / 高校を卒業したばかりの18歳。もうすぐ19歳。
ダークブラウンの髪とチョコレート・ブラウンの瞳。(最初のころは黒髪だったよね;)


○備考:ヤングアダルト、パラノーマル

○シリーズ:「トワイライト・サーガ 4」
↓シリーズ全体についての記事
『ステファニー・メイヤーStephenie Meyer/トワイライト・サーガ』


第四部「Breaking Dawn」 (2008)の翻訳で、単行本では4冊出ています。
○単行本
・ トワイライト 10 ヴァンパイアの花嫁
・ トワイライト 11 夜明けの守護神
・ トワイライト 12 不滅の子
・ トワイライト 13 永遠に抱かれて

以上4冊の感想です。
いよいよ「新妻編」に突入です。

【注意】これから先はネタバレを含みます。


続きを読む "トワイライト 10ー13(単行本)【ステファニー・メイヤー】" »

魔法の夜に囚われて【スーザン・キャロル】



The Bride Finder: A Novel

スーザン・キャロル/Susan Carroll
富永 和子訳
1998年(原書)
2008年ヴィレッジブックス
★★★★1/2
座布団:◇面白い!


Hero: アナトール・セント・レジャー/コーンウォールのレジャー城城主
Heroine: マデリン/ロンドンの貴族の令嬢


○備考:18世紀英国。ジョージアン、パラノーマル(魔法、超能力)

○シリーズ:「St. Leger Legacy 1」くわしくはこちら。

○作者別名:Susan Coppula, Serena Richards


●ストーリー:
伝説の魔法使いを先祖に持つコーンウォールの名門セント・レジャー一族には奇妙な習わしがある。

花嫁は「花嫁探し人」が連れてくるのだ。
(アナトールの両親のように)従わない者には不幸が訪れるという。

アナトールも「花嫁探し人」に依頼した。遠縁であり、家庭教師だったもっとも信頼する司祭だ。

不吉な夢に出てくる赤毛は絶対だめ。
望ましいのは健康で頑丈。そして乗馬ができる女。

だが司祭が連れてきたのは、彼の要望とは正反対の赤毛の乙女だった。

●感想:
親からも嫌われ遠ざけられた能力を持ったヒーローは花嫁にどう接していいかわかりません。
そっとヒロインを物陰から見つめたりする姿はまるで片思いの少年のよう。
好きな子と仲良くしたいのに横暴にふるまってしまうところは、妙に自信満々なヒーローよりもずっと人間らしくて好感が持てました。

このお話好き。
読みやすくて、楽しかったです。
続編は双子の息子たちのお話のようですよ。

The Bride Finder: A NovelBookThe Bride Finder: A Novel

著者:Susan Carroll
販売元:Ivy Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する


より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇