サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

作家名前:ハ行

愛を信じないあなた【ヘレン・ブルックス】

Mistletoe Mistress

ヘレン・ブルックス作 Helen Brooks
高木 晶子訳

1998(原書)
1999年ハーレクイン・ロマンス R-1538
2005年ときめきの聖夜 3冊セット 3巻セット
★★★☆☆


Hero: ホーク・マレン/実業家
Heroine: ジョアン・クロフォード/アシスタント


○備考:クリスマス


●ストーリー:
休暇旅行から帰るとジョアンの務める出版社はホーク・マレンに売却されていた。
前の経営者を親のように慕っていたジョアンは反発するが、意外なことにパリの出版社を任されることになる。
ジョアンはホークが自分に興味を持っているのは気がついていたが深い関係になるのはためらいがあった。


●感想:
最近再読ばっかりしててロマンスをちゃんと読んでなかったのでリハビリになればと積ん読本の中から一冊。
ヒロインのキャラクターもしっかりしてるし、つまらなくはないです。ちょっと前の自分だったら4・0くらいは行くと思うけど気分的にあまりのれなかったので。

「Mistress」という単語で想像される関係はなかったのでちょっとびっくり。
その前の段階です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

七つの人形の恋物語【ポール・ギャリコ】



Love of Seven Dolls


ポール・ギャリコ Paul Gallico
矢川 澄子訳
1954年(原書)
2008年改版。 角川文庫。
★★★★1/2
座布団:◇◇◇最高に面白い!

カップリング: 「スノーグース」


ヒロイン:マレル・ギュイゼック(ムーシュ)


ストーリー:
パリの空の下、何もかもなくしたひとりの娘は今にもセーヌ河に身を投げようとしていた。
そこに何者か、何人(なんびと)か、暗闇の中から呼ばわる声がした。
ふりむくと小さな人形芝居の人形が彼女に声をかけていた。

七つの人形がいれかわりたちかわり話しかけてくるのに魅せられた娘はその一座についていくことにする。

だが人形芝居の座長キャプテン・コックは無慈悲な男だった。


続きを読む "七つの人形の恋物語【ポール・ギャリコ】" »

急ぎすぎた二人【バーバラ・ハネイ】




Claiming His Family (Romance Large)

バーバラ・ハネイ作 Barbara Hannay
和香 ちか子訳
2006
2008年。ハーレクイン・イマージュ I-1956
★★★★☆


ルーク・マニング(牧場主)&エリン・ライリー(ジュエリー・デザイナー)

備考: 再会(元さや)

ストーリー:
5年前に赤ん坊の息子をつれて離婚したエリンは、息子を2ヶ月の予定でオーストラリア奥地に住む夫に預けた。
数日後夫のもとに電話すると、息子が怪我して病院に運ばれたと聞き駆けつける。


感想:
2007年度のRITA賞"Best Traditional Romance"部門の受賞作。
RITA賞受賞作ということで期待して読んでみました。
この作家さんを読むのははじめてになります。
イマージュらしい表紙が好きです。

「戻らせない」という単語が使われてるのが気になりました。
「戻さない」とか「戻せない」じゃだめなんでしょうか?
というか、「戻らせない」という単語ってありですか?

最後のシーンはよかったです。


イブの変身【ペニー・ジョーダン】

イブの変身 (ハーレクイン ファイン セレクション)
イブの変身 (ハーレクイン ファイン セレクション)Penny Jordan 加藤 しをり

ハーレクイン 2005-08
売り上げランキング : 574442


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Escape from Desire

ペニー・ジョーダン作 Penny Jordan
加藤しをり訳
1982年。
1984年。ハーレクイン・ロマンス R-340
1990年。ペニー・ジョーダン選集。
2005年。ハーレクイン・ファイン・セレクション
★★★☆☆


ザッカリー・フレッチャー(元軍人、作家)&タマラ(出版社秘書)

備考: 誘拐


ストーリー:
カリブ海の島に婚約者をおいてひとりできたタマラはツアー客のザッカリーと一緒にゲリラに誘拐されてしまう。
ふたりですきを見て逃げ出すが、タマラが病院で意識がもどったとき、ザッカリーはいなかった。
ロンドンに戻り、破棄するつもりで婚約者の家にいくとそこでザッカリーに再会してしまう。
ザッカリーは本を出すので秘書としてタマラを家によこしてほしいと上司に頼み込んでくる。


感想:
1984年発行の分を読みました。
「ブチック」当時はこう言ってたのでしょうか。ブチック。
うちのおばあちゃんみたい。
再版のときに直ってるかもしれないので「ブチック」は貴重かもしれませんよ。(そのままだったりして)

当時は「ワープロ」の出始めだったんですね。
ヒーローがヒロインに使い方を教えようとするシーンがあります。
ヒロインは「ええ。会社に一台ありますから」と言ってます。一台・・・・。

高校生くらいのときに読んだ覚えがあります。

誘拐ー逃亡ー妊娠ー再会と今からみると古風ですが印象深い一冊です。


Escape from Desire
Escape from DesirePenny Jordan


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シャノンの夕暮れ【ブレンダ・トレント】

シャノンの夕暮 (1983年) (シルエットロマンス)
シャノンの夕暮 (1983年) (シルエットロマンス)ブレンダ・トレント


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


A Stranger's Wife

ブレンダ・トレント作  Brenda Trent
銀野月光 訳

1980
1983 シルエット・ロマンス #98
★☆☆☆☆


ローマン・モーガン(画家)&シャノン・アンドリューズ

備考: 便宜結婚

ストーリー:
シャノンは海辺の家の部屋を貸して生計をたてている。
恋人は悪事を働き、死んだと言われてるが彼女はそんなことは信じない。
きっと生きてるはず。
恋人らしき人物の情報が入るが追いかけていくにはメキシコまでの旅費と資金が必要だ。
彼女は部屋を貸してるローマンという画家のヌードモデルになる決心をする。
ローマンはメキシコにいく資金を出すかわり、シャノンの恋人がみつからなかったら彼の元恋人を追い払うために結婚しようと提案する。


感想:
昔読んだことをすっかり忘れて、また手にいれて読んでしまった作品。
「やってしまった」感ありありです。

AMAZONでは「シャノンの夕暮」と「れ」が入ってないんですね。

「これ編集者とか校正さんとか誰も見てないのかな」と思うような文章の細かいミスが気になる上に(翻訳者の方はこの本一冊だけの担当のようです)誰が見ても犯罪者にだまされたとわかるのに、逃げた男を信じてグズグズしてるヒロインに共感できず、その後の言動からも好きにはなれませんでした。
ヒーローのローマンの父が息子の恋人を寝取って妻にしたうえにさらにヒロインにも迫ろうとするという信じがたいキャラでした。
ヒーローと父の名前が似てるのでよくごっちゃになってたんですが、正直もうどうでもよくなりました。
同じ作者の「ラスベガスの夕暮れ」は好きですが、この作品は私にはきつかったです。

Stranger's Wife
Stranger's WifeBrenda Trent

Hodder & Stoughton Ltd 1982-05-14
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブラックメイル【ペニー・ジョーダン】

ブラックメイル (ハーレクイン・クラシックス)
ブラックメイル (ハーレクイン・クラシックス)Penny Jordan 中原 もえ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Blackmail

ペニー・ジョーダン Penny Jordan
中原もえ訳
1982.
1985. ハーレクイン・ロマンス R-371
1996 ハーレクイン・クラシックス C-333
★★☆☆☆


ジル・フレブール(ショーヴィニー伯爵。ワイナリー経営)&リー・レイヴァン(ワイン・バイヤーのアシスタント)


感想:
高校生のときに読んで以来の再読です。

原題は「恐喝、ゆすり」。あまりにもそのまんまなんで失笑。

16のときにジルに書いたラブレター(エロ。しかも友達がリー名義でいたずらで出した)をネタに脅されて結婚したヒロイン。(そんな手紙を6年もとってたんだね。ヒーローは)
後にそのエロレター容疑は晴れるが今度はすぐ妊娠して結婚継続をしなきゃいけなくなるお話。

ヒーローのご先祖はナポレオンがロシア遠征した際に、現地の少女をさらってきて妻にしたが後に愛し合うようになったという昔話をなぞっていくふたり。

お城に住んでるくせにお初は野外。
妊娠したらしたで、翌朝「つかまれたあちこちが痛い」というほど手荒く扱われてて・・・これレ○プなんじゃ?
(人間としてそれはダメだろ!)

元愛人とその手先の家政婦にも地下蔵に閉じ込められるヒロイン・・・とまあ、ひどいめに遭います。
さすが80年代初期。
80年代初期のロマンス本ってひどいヒーローたくさんいたなあ。
妊娠するとすぐ倒れるヒロインは懐かしいですね。(今もいるか)

荒唐無稽だし「あちゃー」な感じもあるんですが、あまりにもトンデモなのでかえって忘れられない一品。

いとしのゴースト【フィリス・ホールドーソン】

いとしのゴースト

Only the Nanny Knows for Sure


Phyllis Halldorson
フィリス・ホールドーソン
窪田奈津子訳

1990年発売。
1991年 シルエット・ロマンス L-492
1998年。ハーレクイン文庫 B-358
★★★☆☆

マックス・シェフィールド(弁護士)&ヘザー・カーマイケル(乳母)21歳。


ストーリー:
アトランタの乳母養成学校を卒業したばかりのヘザーは名家の赤ちゃんの乳母になるためにボストンにやってきたが、タイプミスで履歴書の年を間違えたために、もっと年かさの人がいいと言われる。
採用されるように赤ちゃんの叔父であるマックスが力になってくれたが、ヘザーの味方はもうひとりいた。

この家の4階にすんでるイーサンという幽霊だ。


感想:
「ナニーだけが確かなことを知っている」というのは幽霊のことですね。

ナニー(乳母)養成学校というのは乳幼児のお世話の仕方だけでなく救命法、栄養学、救急処置、それに上流家庭でのマナーや立ち居振る舞いなどを教えてくれるそうです。
なれないうちはおとなしめの洋服を着るようにという教えもあるそうで、それに従ってヒロインが服を選んだりしています。

ベビーシッターとは一線を画すみたいですね。

私もちょっと行ってみたい(爆

禁じられた炎【ヘザー・グレアム】




Forbidden Fire
ヘザー・グレアム作 Heather Graham
名高 くらら訳
★★★☆☆


Forbidden Stranger収録作品

ストーリー:
1905年。

マリッサは貧しい炭鉱の村の叔父に引き取られて育った。
叔父は大事にしてくれたが、貧しい環境と劣悪な労働条件の村からいつか出たいと思っていた。
成長して地主の娘メアリーのメイドになり親友になったが、メアリーは後見人と結婚しないと自らの財産さえままならなくなってしまった。
メアリーには恋人がいて、後見人との結婚など考えられない。

マリッサは身代わりで話し合いに出かけたが、メアリーの後見人は幼い日に出会ったことがあるアメリカ人のイアンだった。


「20世紀初頭」
主な舞台 アメリカ

感想:
20世紀初頭のサンフランシスコというのが珍しい。
後半、天災がおこるんですが、これはこの時代の歴史に詳しい方なら日付と地域みたときから「来るぞ来るぞ」なんでしょうね。
炭鉱の村にいたときに事故やいろんな経験をしてるので、手当ての仕方を知ってたり役立ちます。
「シャンハイイング」というのは人さらいにあうという意味なんですが、サンフランシスコの町独特ですね。


ロンドンの眠り姫【ヘレン・ブルックス】

ロンドンの眠り姫 (ハーレクイン・ロマンス)

買ったきっかけ:
電子書籍サイトで冒頭を読んで気になってたのを古本屋でみかけて。

感想:
コリー(ヒロイン)がおばの犬を散歩させてる途中で犬がニック(ヒーロー)の携帯電話を噛んで壊してしまいます。
おわびをしたいというコリーにニックは「今夜のパーティーにつきあってくれ」といいます。
それから毎日のように会いますが、コリーは恋人に裏切られ、家族にも愛してもらえなかった心の傷があります。

ニックはコリーを家族に紹介して自分を受け入れてもらえるように努力するのですが、コリーはニックへの気持ちを押し殺していきます。

最後まで手を出さない珍しいケースですが、ニックは途中でおかしくなったのか大切な…を触らせたりしてます。
タクシーの中で!
それ痴漢ですから!

おすすめポイント:
若い処女と10歳年上の大富豪・・・昔ながらのハーレクインです。


ロンドンの眠り姫 (ハーレクイン・ロマンス)


著者:ヘレン ブルックス



ロンドンの眠り姫 (ハーレクイン・ロマンス)


The Millionaire's Prospective Wife (Harlequin Presents)
ヘレン・ブルックス  Helen Brooks
秋元由紀子 訳

ハーレクインロマンス R-2152
★★★☆☆

記事を書くところに「本の紹介」というボタンがあって、押してみたらこんな感じになりました。
今まで気がつかなかったのがすごい。
この先もこの形をとるかどうか微妙。

ロマンスへの誘い 1 :25周年特別記念号




ハーレクイン創刊25周年記念の選集。一作目。
人気作家の代表作を一作ずつあげてるもの。

普段買わない作家の作品も読める…ということで買ってみました。

収録作品:
・ 【愛という名のもとに】ペニー・ジョーダン
・ 【教授と私】ベティ・ニールズ
・ 【もう一人のケルサ】ジェシカ・スティール


■愛という名のもとに
Unwanted Wedding 1995
ペニー・ジョーダン 著 Penny Jordan
内藤文子 訳★★☆☆☆


○ストーリー
ロージーの家は400年の歴史を誇る旧家。
祖父の遺言の条件はロージーが結婚することで、それが守られないと屋敷は大嫌いな叔父のものになってしまう。
家を守るため、幼なじみのガードに結婚を頼むことにする。

○感想
ペニー・ジョーダンはけっこうな数を読んでるはずなんですが、手元にはほとんど残ってません。
新婚夫婦の様子を伺うおじさんは異常。

早く追い出せばいいのに、ヒーローはヒロインと同じ寝室を使うために利用してます。
惚れてるんですね。

■教授と私
Two Weeks to Remember 1986
ベティ・ニールズ 著 Betty Neels
霜月桂 訳★☆☆☆☆


○感想
ベティ・ニールスは中学生くらいのときに一、二度読んだことがあるくらいです。
ベティさんといえば「医者と看護婦」というのはよく知られてますが、今回は看護師さんではなく病理学研究室の秘書さんです。

このヒーローは自分の気持ちをなかなかいいませんね。

他のヒーローと違って二週間も一緒に出張してて迫りもしないし。
とてもジェントルマンです。

彼女の家にしょっちゅう来てるんですが、ヒロインよりもお父さんと話し込んでる時間のほうが長いくらいです。
そりゃ気がつかんわ・・・・。


中学生のときに思った印象とあまり違いはありませんでした。
のんびりしてます。

■もう一人のケルサ
Relative Values 1993
ジェシカ・スティール 著 Jessica Steele
松村和紀子 訳
★★★☆☆


○ストーリー
社長秘書補佐のケルサは社長に可愛がられ、楽しく働いている。
しかし、社長の息子ライルはケルサを愛人だと勘違いして辛くあたる。
否定するが信じてくれない。
突然、社長は急死しケルサには莫大な遺産が残された。

○感想
社長秘書の女性が非常にできた人だったです。

社長がケルサを「かわいいー」と思ってる様子が手に取るようにわかります。
死期に顔みれてよかったねという感じです。

ケルサ視点からみれば社長はすごくいい人なんですが、ケルサ母からみればたまったもんじゃないだろうな。。。
なんたって社長は「ある重大な事実」を知らないままなのです。
身内からも教えてもらえないなんて、相当うらまれてるね。
養育費とか出してたら気がつきますよね。普通。出してなかったんだろうなあ。

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇