サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

リサ・マリー・ライス

明日を追いかけて【リサ・マリー・ライス】



Pursuit

リサ・マリー・ライス著 Lisa Marie Rice/Elizabeth Jennings
上中 京訳
2008(原書)
2009年扶桑社ロマンス
★★★★☆

Hero: マシュー(マット)・サンダース/元海軍少佐
Heroine: シャーロット・コート/コート財閥の跡取り娘

○備考:元軍人

○作者別名:Elizabeth Jennings

●ストーリー:
ああ、神様! 私は殺人事件の容疑者として指名手配されている!

ある晩を境にしてシャーロットの人生は一変した。
父親が殺されたところを目撃したシャーロットは犯人に肩を撃たれ、やっとのことで逃げたが今度はシャーロット本人が殺人事件の容疑をかけられてしまった。

銃傷で発熱しながらも大陸を横切り、メキシコまで逃げおおせたシャーロット。
メキシコで退役軍人のマットと出会い、やっと安心できる場所を手に入れたかのように見えたが追手はすぐそこまで来ていた。


●感想:
本名のElizabeth Jennings名義で書かれたもの。

リサ・マリー・ライスとElizabeth Jenningsの違いはHOTシーンの違いだそうです。
元軍人ヒーローはヒロインを「天使」として崇め大切にしているので、それだけで充分気持ちが満たされる感じです。
基本的なストーリーは「闇を駆けぬけて」に似ています。
正直、無駄のなさという点ではこの作品はややおちると思うし、笑える下半身描写も控えめですが、ヒロインをお姫様のように大切にするヒーローに萌えたいあなたにおすすめ。

翻訳者さんのあとがきによると、英語で出版されたときに批判があった個所を日本語での刊行に際して手直しが加えられていて、日本語版だけのオリジナルの個所があるそうです。
ストーリーとは直接関係のない細部とのことですから、もしかしたらモイラに意識があるかないかというところだったのかもしれません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*この記事を読んで楽しんでいただけましたら「読んだよ」とクリックしていただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

危険すぎる恋人【リサ・マリー・ライス】



Dangerous Lover (Avon Red)

リサ・マリー・ライス著 Lisa Marie Rice
林 啓恵訳
2007年(原書)
2009年二見文庫
★★★★1/2
座布団:◇面白い!


Hero: ジャック・プレスコット(ベン)/元レーンジャー隊員。養父のセキュリティ会社を継ぐ。
Heroine: キャロライン・レーク/書店オーナー


備考: 元軍人。

シリーズ:「Dangerous 1」 くわしくはこちら。


●ストーリー:
弟が亡くなってはじめてのクリスマス。
両親の死後、没落した家を支えてきたのはキャロラインだった。
いまや家族はひとりもいなくなり、借金だけが残された。
書店の経営だけじゃ足りず、いまは家の部屋を貸して収入にあてている。

見た目はいいけれど、暖房も止まるし階段も壊れててあちこちぼろぼろな家。
そんな家でも貸さないとやっていけない。

みぞれ混じりの雪の降る中、新しい下宿人としてやってきたのは、くたびれた服を着た無精ヒゲの男。
凍えるような寒さにたいして上着はあまりにも薄く、着衣のまま眠ったように皺がよっていた。

結局、かかとのすりへったボロブーツが決めてになり、彼はキャロラインの家の新しい下宿人になった。

彼にはなにかがあった。どことなく…懐かしさというか。


続きを読む "危険すぎる恋人【リサ・マリー・ライス】" »

闇を駆けぬけて【リサ・マリー・ライス】




Woman on the Run

リサ・マリー・ライス著 Lisa Marie Rice
上中 京訳
2004
2008年扶桑社ロマンス
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

サム・クーパー(元SEAL。牧場主)&ジュリア・デヴォー(サリー・アンダーソン)(編集者・小学校教師)


ストーリー:
「あなたは今からサリー・アンダーソンです」
ジュリアは殺人事件を目撃したばかりに命を狙われ、証人保護プログラムを受けるため全てを捨てなければならなかった。
気に入ってた仕事も家も友達も。

サリーという平凡な名前を与えられ、アイダホ州のなんにもない田舎町で小学校の教師として働く日々。
いったいいつまでこうしてればいいの。

だが、そうしてる間にジュリアの平安な日々は終わろうとしていた。
殺し屋に彼女の情報が漏れてしまったのだ。


感想:
発売延期で待たされたのですごく楽しみにしてました。

さすがリサ・マリー・ライス。おもしろかったです。
いままでのとはちょっと違うのは脇役の人たちもしっかり書き込まれているというところ。

そのぶん、ヒーローヒロインの部分が(いままでのに比べたら)ちょっとものたりない感じです。
今までが濃厚だったから期待しすぎたかな。
それでもすごい持続時間! 寝てないよこの人たち!(どこに感心してる)

追記:ついでにリサ・マリー・ライスの「真夜中の男」評価訂正しておきました。

Woman on the RunWoman on the Run
Lisa Marie Rice

Elloras Cave Pub Inc 2005-10-30
売り上げランキング : 87817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


真夜中の天使【リサ・マリー・ライス】



Midnight Angel (Ellora's Cave Presents)

Lisa Marie Rice
上中 京 訳
★★★★☆

シリーズ:「ミッドナイト 3」 くわしくはこちら


ストーリー:
真夜中の誘惑の最後でアレグラの歌を聞いたコワルスキは、その直後に起こった宝石強盗事件のときに彼女を守ります。
その後アレグラを家に送り届けた後離れがたい二人はそのまま結ばれますが、アレグラには失明の原因になった事件のフラッシュバックが…。


感想:
コワルスキは軍隊経験が長く、「醜い男」で強面で恋愛もろくにしたことがなく、そんな彼が歌姫アレグラの王子様になります。
二人とも相手が「宝物」で、自分は相手にとってふさわしいのかなと思ってるのがポイント高いです。

サスペンスの味付けは薄め。

前の2作と同じで一目合ったその日から恋の花が咲いてしまった…じゃなかった、離れられなくなった二人のラブラブファイヤーぶりを楽しむ一冊になってます。
とってもHOTでした。
コワルスキの軍隊経験を生かした指示の仕方が伏線になってます。

好きな順は1>3>2です。

最後の刑務所での出来事にちょっと疑問が残ります。
あれは何か背後にあるのかしら。。。。。
(その点で★-1個で3.0だったんだけど、好きな作品なので後で4.0にしました。)

ジョンとスザンヌのその後も語られます。(妙に納得)

メロメロ度が高くて好きな作品です。
とても読みやすい文章で、このシリーズの魅力のひとつになってますね。

Midnight Angel (Ellora's Cave Presents)BookMidnight Angel (Ellora's Cave Presents)

著者:Lisa Marie Rice
販売元:Elloras Cave Pub Inc
Amazon.co.jpで詳細を確認する


リサ・マリー・ライス:シリーズ一覧

■Midnight :ミッドナイト・シリーズ

Midnight Man (2004)
真夜中の男
(ジョン&スザンヌ)別名レンガ社長。元海軍特殊部隊。警備会社社長。バドとは軍隊仲間。

Midnight Run (2004)
真夜中の誘惑
(バド&クレア)クレアはスザンヌの親友。

Midnight Angel (2006)
真夜中の天使
ダグラス・コワルスキ&アレグラ。
コワルスキはジョンの会社の共同経営者。軍隊仲間。アレグラはスザンヌとクレアの親友。

■Dangerous
1. Dangerous Lover (2007) ジャック&キャロライン
危険すぎる恋人

2. Dangerous Secrets (2008)

3. Dangerous Passion (2009)


○参考
http://www.fantasticfiction.co.uk/r/lisa-marie-rice/
○最終更新
2009/03/17

真夜中の誘惑【リサ・マリー・ライス】



【真夜中の誘惑】 Midnight Run
リサ・マリー・ライス著 Lisa Marie Rice
上中 京訳
★★★☆☆

シリーズ:「ミッドナイト 2」 くわしくはこちら

ストーリー:
刑事バドは場末のクラブで困っていたクレアを助け出した。
クレアは一目見て「この人は大丈夫」と信頼を寄せる。
その晩二人は愛を交わすが、まだお互いのことを何も知らなかった。
二人は昔出あっていたのだ。
誘拐された富豪令嬢と助け出した制服警官として。

感想:
「真夜中の男」(既読なので感想はここです)に続く第二弾。
前作「真夜中の男」の数日前から数日後を描いています。
同じ事件を刑事バドの視点から見るわけです。

はじめに行った本屋さんでは売り切れで、まあいいや未読本いっぱいあるしとしばらく待つつもりだったんですが別の本がおめあてで行った書店で残り一冊のところを発見。
なけなしのお金をはたいてしまいました。

レビューとかすごい早さで出てて、待ってる人がこんなにいたんだなあと思いました。

サスペンス風味は前作に負けますが、バド(ヒーロー)最高です。
お料理上手、DIYもしてくれてしかも種○!
最初の二日間でもうたっぷりと(笑)
バドのモノローグが笑えます。
いいなこの人。めろめろだし。

子どものころ助けてくれた制服警官と知らずに恋に落ちるっていうのは運命の恋ですね。
(ヒロインは相手を木こりさんだと思ってる!)

今回のヒロイン、クレアは子どものころから白血病でずっと入院していて、誘拐事件にも巻き込まれたことがあります。
「守られる弱い存在」であることに嫌気がさしてるので、バドに対して最後のほうで反逆します。
事情がわかってる読者からすると「何あれ」な行動で、そのへんが共感しにくくなってます。
正直、裸コートもちょっとひきました。
(平和なときならいいんだけど)
ヒロインの魅力は一作目のほうが上かな。
ジョンとスザンヌも出てきますが熱々ですよ。もう結婚してます。

これを読んだ後は「真夜中の男」も読み返したくなります。

3作目のヒロインのアレグラはもうコワルスキに一目ぼれされた様子。
楽しみです。




Midnight Run

Book

Midnight Run

著者:Lisa Marie Rice

販売元:Elloras Cave Pub Inc

Amazon.co.jpで詳細を確認する


真夜中の男【リサ・マリー・ライス】




Midnight Man
リサ・マリー・ライス (著)
上中 京 (翻訳)
2004年(原書)
2007年扶桑社ロマンス
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

シリーズ:「ミッドナイト 1」 くわしくはこちら

今読み終わりました。

絶○男ランキング1位更新です。
私の中で今まで一位だったリンダ・ハワードの「大停電に祝福を」を超えました。

とんでもないんですもん。
時間が…(笑)

ネットでいろいろ検索してると「レンガ壁破壊社長」とか「下半身爆走社長」とか言われてるのがよくわかります。

ストーリーは元特殊部隊で除隊して警備会社をしてるヒーローがインテリアデザインの仕事をしてるヒロインのところへオフィスを借りにくるところからはじまります。

はじめてみたときから天然バイ○グラ状態だったヒーローはヒロインとはじめての打ち合わせをかねた夕食の帰りに玄関先で奪ってしまいます。
レンガ壁破壊するし、とんでもない相手と応じてしまった自分自身にヒロインはとまどってしまいます。
(そりゃこわいわな)

そうしてるうちに、ヒロインが住んでるビルに殺し屋が入り込み、おびえたヒロインはヒーローに助けを求めます。
殺し屋をきっちりしとめてくれるヒーロー。いい仕事してます。
警察に話をしてる途中でも襲われるヒロインに、ただごとではないとヒーローが持ってる山小屋にかくまいます。

すっごくHOTでした。
評判聞いてから買ったところもあったけどHOTですね。燃えてるというか。

頭の中ではやさしく、ゆっくりと思って予定をたてていながらいざとなると爆走してしまい、女性とちゃんとつきあったことがない男が自分の女を守るために命がけになってくところとかスリリングでした。

エンタテインメントとしてよくできてますね。
テンポがよくて長さもちょうどいいです。

セクシーな作品を送り出すことで有名な出版社Elloras Caveから出ています。
続編はこの作品にも出てる元海兵隊員の刑事バド、名前だけ出てる元部下コワルスキのお話になるようです。

リサ・マリー・ライスという作家はロマンス小説を多数出してる作家の別名だそうです。
ロマンスのジャンルでは使ってはいけない言葉と制約があって、それから自由になるためにこの名前を使ってるようです。
とても読みやすいです。




Midnight Man


2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇