サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

R:このブログについて

  • ■人気ブログランキング
    本ブログは人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ
  • ■2008年6月以降に更新する記事より■
    座布団:◇面白い!
    座布団:◇◇とても面白い!
    座布団:◇◇◇最高に面白い!
  • 愛読本 
    例外はありますが、基本的に「10年以上」にわたって再読率の高い愛読本を選んでいます。 個人的な趣味が多大です。
  • Ratings: 評価基準 
    ★★★★1/2 すばらしい。愛読本。超ツボ。
    ★★★★☆ おもしろい。保存。
    ★★★☆☆ まあまあ。
    ★★☆☆☆ いい点もあるけど、問題もあり。
    ★☆☆☆☆ ごめんなさい。だめでした。

R:オンライン書店

  • 古本販売・買取
  • 新しい本

OR:メール送信

シャンナ・スウェンドソン

スウェンドソン先生の新作が読めるのは日本だけ!



「少年ジャンプ」風にしてみました。
(株)魔法製作所の新作(5作目)『スーパーヒーローの秘密』が読めるのは本当に日本だけなんです。

アメリカでは4作目までしか出版されておらず5作目の刊行はまだ決まってないので、本国よりも早く日本で5作目が読めることになります。

ブラヴォー!

作者のシャンナ・スウェンドソンが日本の読者にメッセージを書いています。

ね?日本だけでしょう?

(株)魔法製作所は大好きなシリーズなので、新作が読めるうれしさをかみしめたいと思います。

東京創元社さん、版権買ってくれてありがとうー!

コブの怪しい魔法使い【シャンナ・スウェンドソン】



Don't Hex With Texas

シャンナ・スウェンドソン著 Shanna Swendson
今泉 敦子訳
2008年(原書)
2009年創元推理文庫
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

Hero: オーウェン・パーマー/(株)MSIの研究開発部理論魔術課の責任者
Heroine: ケイティ・チャンドラー/テキサス出身の平凡な女の子。チャンドラー家の末っ子。

作者別名: サマンサ・カーター

備考: パラノーマル

シリーズ: 「(株)魔法製作所 4」 詳しくはこちら。

●ストーリー:
少なくともドラゴンに追い回されたり、邪悪な魔法使いの襲撃に脅えたりすることはない。

大切なオーウェンが思い切り戦えるように故郷の町に戻って三ヶ月、ケイティは平和な日々をおくっていた。

故郷の町コブは魔法とは縁のない場所。なのに最近、なにやら町で異変がおこりはじめた。
ケイティは会社に助けを求める。

●感想:
町一番の「ホットスポット」がアイスクリーム店のデイリークイーンだというド田舎の町コブ。
テキサスにあるケイティの故郷の町が舞台です。

家業の農業用品店で荷物の積卸しをして、汗だくになって化粧も髪もぼろぼろになったまま姪の赤ちゃんを抱いたケイティは3ヶ月ぶりに愛しいオーウェンに再会することになります。

オーウェン・パーマーが、生身のオーウェン・パーマーが、このチャンドラー農業用品店の真ん中に立っていたのだ。
「あ、どうも…」それがわたしの口から出た唯一の言葉だった。

気をきかせて棚の整理をしだす兄嫁。
テキサスの暑い中だまったまましばらく見つめ合うふたり。

ついに、オーウェンの顔にうっすら笑みらしきものが浮かんだ。続いて瞳がユーモアできらりと光り、彼はルーシーのほうを指さした。
「さすがに、そこまで時間はたってないよね?」
自分が赤ん坊を抱いていることを思い出す。

好きだなあ。この再会シーン。

これまでにケイティの母親が免疫者(イミューン)だというのはわかっていましたが、ほかの家族の謎もわかります。

「つきあってる」といえるような、いえないような距離のとりかたはアメリカの「ロマンス」小説関連ではめったにみないだけに、新鮮だし身近に感じました。

ラストのオーウェンの思い切った行動にはにやりとさせられます。
これでいっきにロマンステイスト上昇しました。
満足、満足。
翻訳は自然な日本語で全体のできを引き上げてます。

残念なのは、本国ではまだ続編の刊行が決まってないこと。
作者本人は続ける意志があって、「5」も書いている途中なだけに残念ですね。

Don't Hex With Texas Book Don't Hex With Texas

著者:Shanna Swendson

販売元:Ballantine Books (P)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

おせっかいなゴッドマザー【シャンナ・スウェンドソン】



Damsel Under Stress

シャンナ・スウェンドソン Shanna Swendson
今泉 敦子訳
2007年(原書)
2008年創元推理文庫
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

Hero: オーウェン・パーマー/(株)MSIの研究開発部理論魔術課の責任者
Heroine: ケイティ・チャンドラー/(株)MSIに勤める平凡な女の子

作者別名: サマンサ・カーター

備考: パラノーマル

シリーズ:「(株)魔法製作所 3」 詳しくはこちら。

ストーリー:
オーウェンとつきあいだしたケイティはふわふわとした幸せをかみしめていた。
そんな彼女の前に現れたのはフェアリー・ゴッドマザー。
あのシンデレラをまとめたという伝説のゴッドマザーだ。
なのに彼女のおせっかいでデートはいつも台無し。
オーウェンがクリスマスに実家に呼んでくれたのをいいことに離れられると喜んでいたが・・・

感想:
翻訳がいいのでとっても読みやすいです。
ゴッドマザーが重ね着に重ね着を重ねてわけのわからん格好になってたり、オーウェンがケイティを盾にするので何かと思ったら娘といっしょにきた近所の母親が魔法をかけようとしていたとか、とっても楽しい一冊。
彼の実家を訪れることになったケイティが「尋問される」と構えてたりするのはどこの国も同じだと思いました。
犬や猫にたいしても優しいオーウェンはとても恥ずかしがりやで、じれったいけどすてきな王子様でした。

Damsel Under Stress Book Damsel Under Stress

著者:Shanna Swendson
販売元:Ballantine Books (P)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

デートはおまかせ【サマンサ・カーター】

デートはおまかせ (シルエット・ロマンス)
デートはおまかせ (シルエット・ロマンス) サマンサ カーター Samantha Carter 波多野 翔


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Emergency Stand-By Date

サマンサ・カーター(シャンナ・スウェンドソン)
Samantha Carter( Shanna Swendson )

波多野 翔訳
1998。
1999。シルエット・ロマンス L-844
★★★★☆

ケン・パークス(弁護士)&ジェニー・フォレスト(広告会社社員)

作家別名:  シャンナ・スウェンドソン

ストーリー:
ケンとジェニーがであったのはホテルのラウンジだった。
ケンは元恋人の結婚式、ジェニーは高校の同窓会にひとりで参加していた。
居心地が悪い思いをしていたふたりは愚痴をこぼしながら意気投合し、お互いに「緊急デート要員」として助けあうことにした。
だがケンの両親やジェニーの友達はふたりを「お似合いのカップル」として見始め・・・

感想:
原題は「緊急デート要員」。

あちらは社交の場に一緒にいってくれる相手がいないのはとっても肩身が狭い思いをするようです。
高校のプロムにいたっては好きでもない子でも誘ってカップルになろうとしますし。

大人になってからも、ひとりで行くのも・・・という場所に一緒に行ってくれて、恋愛抜きで余計な気を使わなくていい安心できるデート相手というのはめったにいませんよね。

スウェンドソンのロマンス作家時代の作品は全部で5作品ありますがこの作品以後シリーズロマンスは書いていません。日本での翻訳はこれ一作だけです。

たいていのシリーズロマンスのラストは「結婚」もしくは「婚約」ですが、この作品にいたっては(結婚に至る交際になるだろうというのは暗示されていますが)「恋人になるまで」で終わってます。(HOTなし。キスまで)
こういうのははじめてみました。

スウェンドソン名義のものにもある、等身大ヒロイン&ヒーローの原型はここにありそうです。
微笑ましい結末で読後感が良い作品です。

 

The Emergency Stand-By Date (Yours Truly)
The Emergency Stand-By Date (Yours Truly) Samantha Carter

Silhouette  1998-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

赤い靴の誘惑【シャンナ・スウェンドソン】



Once upon Stilettos

Shanna Swendson

今泉 敦子訳
2006年。
2007年。創元推理文庫
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

キャスリーン・チャンドラー(ケイティ)会社員

備考: チックリット、パラノーマル

作者別名: サマンサ・カーター

シリーズ: 「(株)魔法製作所 2」詳しくはこちら

ストーリー:
前作「ニューヨークの魔法使い」で転職したものの、さっそく社内でスパイ事件がおき、捜査官に任命されてしまったケイティ。
だが彼女は唯一の武器である魔法に対する「免疫」をなくしてしまった。
敵の攻撃には無防備な上、いつバレるかとびくびくしながら捜査にあたることに。
理想の君、恋人未満の彼、テキサスから上京ならぬ上マンハッタン(?)してくる両親、ケイティはまたもや大忙し。

感想:
一冊目の裏表紙に「魔法版ブリジット・ジョーンズの日記」とあるのは本来こっちの内容だったんですね。
理想の君がとにかくかわいい一冊。

「スパイについての知識といえばせいぜい「エイリアス」(アメリカのテレビドラマ。女スパイが主人公)を見て知ったことぐらいだし、セクシーな下着を着て外国語なまりでしゃべったくらいでこの問題が解決できるとは思えない」とか女たらしの家に行ってレザーとガラスとメタルのインテリアに感心しながらCDのコレクションを見て「バリー・ホワイトはみんなそろってるようだ。メロウなジャズもたくさんある。女たらしの必需品、ラベルの「ボレロ」もあった」
というのは大うけ。

確かに「エイリアス」って外国行ってセクシー下着でキックしてるだけでいつのまにか解決。いいなあ。
映画「キス★キス★バン★バン」(2000年イギリス)に「男はバリー・ホワイトを聞くもんだ!」という台詞があったり、「アリーmyラブ」でバリー・ホワイトの曲で踊る上司がいたり、アメリカ男性のテーマソングはやっぱりバリー・ホワイトなんですね。

Once upon Stilettos Book Once upon Stilettos

著者:Shanna Swendson
販売元:Ballantine Books (P)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ニューヨークの魔法使い【シャンナ・スウェンドソン】



Enchanted, Inc.

Shanna Swendson

今泉 敦子訳
2005年。
2006年。創元推理文庫
★★★★1/2
座布団:◇◇とても面白い!

キャスリーン・チャンドラー(ケイティ)会社員

備考: チックリット、パラノーマル
作者別名: サマンサ・カーター(シリーズロマンス時代)

シリーズ:「(株)魔法製作所 1」 詳しくはこちら

ストーリー:
テキサスの田舎町からニューヨークにでてきて就職したケイティは一年たっても都会の人のクールさには驚かされてしまう。
教会の屋根にはガーゴイルがいたりいなかったり、服飾学校の学生が背中に羽をつけて歩いてても、「指輪物語」(ロード・オブ・ザ・リング)のコスプレイヤーがあちこちにいてもみんな眉も動かさないから。

ケイティの会社の上司は理不尽で、給料も安く地下鉄でさえ毎日は乗れない。
そんなある日、ケイティにヘッドハンティングのメールが来た。

感想:

理不尽な上司のもとで、つらい毎日を送るケイティ。
「普通さ」が災いして恋人もいない日々。
そんなケイティの「普通さ」が武器だと言われ、自分の能力を最大限に認めてもらえる職場に移ることになります。
その上、やさしくてシャイな「理想の君」と一緒に地下鉄通勤(!)ができるようになっちゃうんです。

「魔法」のお話と言うと、平凡に見えるけど実は魔法が使えるというお話になるのかと思うけど、これは魔法が使えないヒロインのお話です。
他の多くの人たちは魔法に「かかる」程度には能力があるのに対し、ヒロインはまったく魔法に「かからない」ほど魔法の能力がないので、たぶらかされることなく真実を見る能力があるのです。

つらい毎日を送る大人のためのファンタジーです。

とてもおもしろかったです。

くすっと笑えるようなユーモアがあって、文章のリズムも心地よくてすいすい読めました。翻訳がいいなあと思います。
早く続きが読みたいです。

 

Enchanted, Inc. Enchanted, Inc.

著者:Shanna Swendson

販売元:Ballantine Books (P)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

シャンナ・スウェンドソン:(株)魔法製作所

(株)魔法製作所シリーズ:The Enchanted, Inc. Series 
続きものなので、順番にどうぞ。

本ブログに記事があるものは日本語テキストからリンクしています。

Book 1: Enchanted, Inc. (2005)
ニューヨークの魔法使い

Enchanted, Inc.

Book 2: Once Upon Stilettos (2006)
赤い靴の誘惑

Once upon Stilettos

Book 3: Damsel Under Stress (2007)
おせっかいなゴッドマザー

Damsel Under Stress

Book 4: Don't Hex with Texas (2008)
コブの怪しい魔法使い
Don't Hex With Texas

参考
http://www.shannaswendson.com/

 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

R:特選!座布団:◇◇◇

R:推薦!座布団:◇◇